「神戸阪急ビル東館」がだいぶ高くなってる。上層階ホテル部分を積み上げ中

ライター:カズマ

真下を通ることがあっても、なかなか気付かなかったりしますが、パイ山のところに建設中の「神戸阪急ビル東館」がだいぶ仕上がってきました。

計画はこちらの記事をどうぞ。

阪急が『神戸阪急ビル東館』の建替計画を発表。地上29階の複合ビルが2021年に完成するみたい

2016.04.30

真ん中くらいまでのガラス部分がオフィス。ここにオフィスで働く人で阪急で通う場合は駅直結なので、かなり魅力的だと思います。結構な家賃だとは思いますが。

完成図にもある、正面の塔みたいなやつが先端だけ見えています。あれが、結局どういう機能を持っているのかが謎です。

ガラス面よりさらに上で現在積み上げ中の部分は、宿泊主体型ホテル「remm(レム)」が入る予定で、最上階には展望台やレストランも入る計画。

地上29階なので、もうちょっと高くなる見込みです。

山側の低層階部分を見てみると、このあたりは外壁もきれいになってました。2016年に計画が発表されて、2021年の竣工予定となっていましたので、意外ともうすぐできます。

コロナの影響もあり、ホテルがそのまま入るのかが気になるところですが、駅前のランドマークとしてとても楽しみです。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

4 件のコメントコメントを残す
  • コービー

    早くJRも神戸の中心に相応しい駅ビルの計画を発表してくれる事を願います。

    2020年6月11日9:16 PM 返信する
  • キャシィ塚本

    ちょっぴり心配です

    2020年6月10日8:01 AM 返信する
  • オオサカ

    神戸市で見てみたい高層ビルです。

    2020年6月8日6:04 PM 返信する
  • O

    神戸市で行ってみたいです。

    2020年6月8日5:57 PM 返信する