「王子動物園」で8月18日に生まれた『ジャガーの双子の赤ちゃん』が一般公開されてる。名前投票も

ライター:ゆう

神戸市立王子動物園で、8月18日(水)に生まれた「ジャガーの双子の赤ちゃん」について、名前投票と一般公開が始まっています。


神戸市灘区王子町3-1

黒いジャガーである父親「アトス」と、黄色に黒い斑紋を持つ母親「ネリア」の間に、初めて生まれたオス&メスの双子の赤ちゃん。

生後4か月、生後間もないときと比べるとだいぶ大きくなって、展示場に出られるくらいにまで成長しました。

ジャガーの赤ちゃんは8年ぶりの誕生で、国内に5頭しかいなかった「黒変種」と言われる黒いジャガーが2頭増えたことになります。

「王子動物園」で、8年ぶりに2頭の「ジャガーの赤ちゃん」が誕生。今は非公開で、公開後に投票で名前を決めるみたい

2021.08.31



外に出る練習中のためまだ一般公開の時間は短いですが、成長にあわせて時間を長くしていく予定です。母親「ネリア」と一緒に展示されます。

名前に関しては、動物園で選んだ4つの候補のうち1つを投票して、1番多く投票されたものに決定することに。

名前の候補は以下の通りです。

(1)オス:「アステカ」 メス:「マヤ」
中南米でかつて栄え、ジャガーを神聖な生き物としてあがめていたアステカ文明・マヤ文明にちなんで、たくましく育ってほしいとの思いから。

(2)オス:「ジジ」 メス:「ププ」
「魔女の宅急便」に登場するちょっぴり生意気で愛嬌がある黒猫にちなんで、かわいらしくも立派に成長してほしいとの思いから。

(3)オス:「キャビア」 メス:「トリュフ」
見た目が黒い世界三大珍味の豪華食材にちなみ、皆に愛され人気者になるようにとの思いを込めて。

(4)オス:「ガタオ」 メス:「リンダ」
ジャガーが生息するブラジルの公用語ポルトガル語で、それぞれ「かっこいい」「美しい」という意味。

公開日時
当分の間は、日・月・火曜日の9:00~10:00ごろのみ
※天候、動物の展示状況、体調等により、時間が前後したり公開を中止する場合があります

投票期間
2022年1月11日(火)まで

投票場所
円形猛獣舎

8年ぶりということもあって、ジャガーの赤ちゃんを見られるのはまたとない機会なんじゃないでしょうか。どの名前になるか楽しみですね。

◆関連リンク
神戸市立王子動物園 – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。