KIITOで『スケートボードづくり』を体験するワークショップが開催されるみたい。乗り方の講習も

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で、「スケートボード制作」を体験するワークショップが開催されます。

ものづくりワークショップ
Bundy 小林さんと、スケートボードをつくる。

2024年3月30日(土) 9:30~16:30
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)


神戸市中央区小野浜町1-4

ものが出来上がるプロセスを、プロの技と知識に触れながら自分の手で辿り、ものの価値やつくり手の思いを体験する場として、2014年から開催されている「ものづくりワークショップ」。

今回は淡路島を拠点にスケートボード制作を行うBundyの小林浩之さんを講師として、スケートボードを作ります。

制作するのは、「クルーザー」と呼ばれる、移動や持ち運びに適した小型のスケートボードです。ワークショップでは、一枚板を削りボードの成形を行うなど木工を中心に、塗装や組み立てなども行います。

ワークショップ終了後は、希望者に向けてスケートボードの乗り方講習も。スタンス(足の位置)の確認からターンの方法やスピードをつけて乗るコツなども学べます。

小林浩之(Bundy)
淡路島在住、スケボー歴10年。8年の家具製造経験を活かし2020年にBundy Skateboardを立ち上げる。
淡路島の古民家に工房をつくり「スケボーのある暮らし」をコンセプトに、スケボーや雑貨製作など日々の暮らしを+αで楽しむ提案をしている。

日時
2024年3月30日(土) 9:30~16:30

場所
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)3F 303

参加費
20,000円(材料費含む)

持ち物
昼食・汚れてもよい服装

定員
5名(要申込、申込多数の場合は抽選)
※木工が初めての方でも参加可能
※高校生以下の方は保護者同伴

申込方法
公式サイトより

申込期間
2024年3月19日(火)18:00まで
※抽選結果は3月22日(金)までに連絡があります

5名と少人数制なので、講師の人と近い距離で質問しながら制作できそうですね。乗り方の教えてもらえるので、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

◆関連リンク
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) – 公式サイト
小林浩之(Bundy) – 公式Instagram

 

この記事を書いた人

神戸ジャーナル編集部

ライター一覧

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。