西元町のパン店『ブーランジェリー・レコルト神戸店』に、カフェスペースができてる。パンに合う料理と美味しいコーヒー

ライター:カオル

西元町のパン屋『ブーランジェリー・レコルト』にカフェスペースができてます。こだわりのランチやコーヒーとパンを楽しめるようです。


神戸市中央区相生町1-1-16

『ブーランジェリー・レコルト神戸店』があるのは、元町商店街の西側の入口すぐのところ。

隣は「長浜ラーメン 丸羅とんこつ」で、奥に見えているのは、取り壊し工事がはじまった「旧ホテルシェレナ西館」。

元町商店街の西出口にある『第一グランドホテル西元町』が取り壊されるみたい。旧ホテルシェレナ西館

2022.01.10

西を向くと、すぐ横にイギリス菓子店「シュガースプーン」。奥にJRの高架が見えてます。高架をくぐってまっすぐ行くと「湊川神社」がある方向です。

西元町に予約制のイギリス菓子店『シュガースプーン』ができてる。本場のスコーン、アフタヌーンティ、お菓子教室も

2020.09.18

『ブーランジェリー・レコルト』は、元臨床検査技師という異色の経歴を持つ松尾シェフが、病院勤務時代に「食」の健康に及ぼす影響に気づき「ビゴの店」などで修業を積んで始めたお店。

今ではいろんな催事やイベントに呼ばれる、神戸でも人気のパン屋さん。兵庫区の大開に「本店」があって、『神戸店』には日に数回たくさんパンが運び込まれてます。

ちなみに、「recolte(レコルト)」とはフランス語で「実る・収穫する」という意味なんだそう。


画像:公式Instagramより

以前は作業場だった奥のスペースが、がらりとカフェに変身してます。外観的には変わってないので、入ってみると変化にびっくりするんじゃないでしょうか。

「美味しい食事が健康になる。」をコンセプトにしたこのカフェは、たくさんのパンを「どうやって食べたらいいか?」を提案する、「ショールーム」的な位置づけなのだそう。

牛や豚、鳥などの骨をコトコト煮込んだ「ボーンブロススープ」や「オムレツ」などの数種のセットがあって、こだわりのスペシャルティコーヒーも楽しめるみたい。

最初のうちは、11:30~13:30ごろのランチタイムだけのようですが、慣れてきたらもう少し利用時間も広がるかもしれません。

【店舗名】boulangerie recolte(ブーランジェリー レコルト)神戸店
【ジャンル】パン・カフェ
【住所】神戸市中央区相生町1-1-16
【電話番号】078-599-6436※本店で対応
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】日・月
【リンク】公式サイト / Instagram / 食べログ
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。