北区のサイクリングロードに第3弾の『BE KOBE』が完成してる。里山に溶け込む木製のモニュメントが登場

ライター:ユカコ

北区~西区の里山地域にあるサイクリングロードに、新しい『BE KOBE』モニュメントが完成しました。今年の1月末にデザインが発表され、当初は5月末の完成が予定されてましたが、少し遅れて完成です。

北区・神出山田自転車道にできる新しい『BE KOBE』モニュメントのデザインが決定してる。今度は木製、5月中に見られそう

2020.02.10
 

モニュメントがある「つくはら大橋休憩所」は、6月30日の10時からオープン予定となってます。


神戸市北区山田町衝原

現在、メリケンパーク・ポートアイランドの海を背景に設置されている『BE KOBE』。

今回は「神出山田自転車道」のリニューアルの一環として、訪れた人が里山に親しみを持ってくれるように、山の中への設置が決まったんだとか。

“自然からの贈物”をコンセプトとした木製のロゴマークは、里山の風景に溶け込みながらも、凛と輝く様子をイメージ。

白御影石のステージに載せられた『BE KOBE』が、湖と山をバックにした風景に浮かび上がるような構図です。

休憩所には、自転車を差し込むことができる「語らいベンチ」や柵を配置するなど、訪れたサイクリストにも優しい工夫が。

奥に見える吊り橋は「つくはら大橋」。モニュメントまでのルートを案内する道は、自然によく馴染む色に塗られています。

今年秋には、多くの人々が気軽に楽しめるように「シェアサイクル」も予定されているそう。サイクリングの休憩などに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。