神戸市「医療物資の提供」呼びかけ。ゴーグルや消毒液など備蓄不足に

ライター:れいな

新型コロナウイルス感染症の治療にあたる神戸市内の病院などで、医療物資が非常に乏しくなっています。

特に「防護服」「ゴーグル」「シールド付きマスク」「アイソレーションガウン」「手指消毒剤」の備蓄が不足しているようで、神戸市が市民からの提供を呼びかけています。

「寄付」か「有償提供」かで手順が違います。

 寄付の場合 
品目と個数がわかるようにして、以下の住所まで送付ください。
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市危機管理室 宛
※人と人との接触機会の8割削減のための外出自粛の観点から、郵送での寄付にご協力をお願いいたします。
※郵送にかかる送料は、寄付いただく方のご負担でお願いいたします。

 有償提供の場合 
①物資の種類 ②メーカー名、品番号、写真(わかる範囲で) ③物資ごとの数量④価格 ⑤連絡先 ⑥その他の条件(納期)
以上6点を明記して以下の連絡先までメール。
連絡先:kiki_response@office.city.kobe.lg.jp

必要とする物資
・医療用の防護服、ゴーグル、シールド付きマスク、アイソレーションガウン、手指消毒剤
・全身を覆うことができる防水機能のついた長袖エプロン
・工事用のゴーグル
・その他医療用の防護服やゴーグルに代わる機能を有するもの

新型コロナウイルスでひっ迫している医療現場。最前線の医療従事者に必要な医療物資が届くことを願っています。

◆関連リンク
神戸市 – 公式サイト

れいな
ライター:れいな
「東遊園地」には観覧車があると思った人。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 徳ちゃん

    誰がそんな専門的な防護用品もってるねん 雨具やろ

    2020年5月1日10:39 AM 返信する
  • 匿名さん

    専門的な装具でなかなか家庭にはおいていなさそうですね。
    大阪府のように「家で余っている雨合羽」とか言ってもらった方が、イメージしやすいのではないかなぁと感じました。

    2020年4月27日4:23 PM 返信する