文学や写真でふりかえる企画展「昭和レトロ~40年代の神戸と文学」6/1-9/2 王子公園ちかくの神戸文学館

ライター:カズマ

東京オリンピック翌年に始まった昭和40年代は、どんな時代だったのでしょう。40年代の神戸と文学に関する企画展が行われます。

昭和レトロ~40年代の神戸と文学

2018年6月1日(金)~9月2日(日)10:00~18:00
神戸文学館


神戸市灘区王子町3-1-2

ファッションではアイビールックやヒッピースタイルが流行しミニスカートも登場。律子さん人気のボウリング、ハイセイコー人気の競馬がブームになり、社会現象となりました。

昭和45年には「大阪万博」が開かれ、東京オリンピック以来の熱狂を体感した人も多いでしょう。華やかさの一方で、大学紛争やオイルショックが起きたのもこの時代。『日本沈没』や『ノストラダムスの大予言』が昭和40年代の終わりにベストセラーとなり、「世紀末」が意識され始めました。

神戸では、昭和41年にポートアイランドの造成が始まります。「山、海へ行く」と称した大規模開発。また、昭和47年には山陽新幹線が岡山まで開通し、神戸から新幹線で東京へ行けるようになりました。この時代に神戸に暮らしていた田辺聖子は随筆の中で「生きていることがそのまま小説になりそうだったのは、昭和四十年代の神戸だった」と書きました。

今回の企画展では、昭和40年代を中心に、その助走期間(昭和35年~39年)と残り香の期間(昭和50年~54年)を含めた20年間ほどに焦点を当てました。この時代を描いた文学作品や当時の写真、雰囲気を伝える品を通して、時代の空気感を楽しんでください。

開館時間
【平日】10:00~18:00/【土日祝】9:00~17:00

休館日
毎週水曜日(休日の場合はその翌日)

◆関連リンク
神戸文学館 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。