破産準備中だったスイーツ店『フーケ』がついに破産申請。負債は6億円。

ライター:カズマ

e7b2047b
以前もお伝えしてましたが、「フーケ」が1月30日に神戸地裁に破産を申請したようです。



◆関連記事


破産準備段階で記事にしましたが、ついに破産申請をしたということで、以前からお店は営業を停止してましたが、いよいよなくなっちゃいますね。負債総額は約6億円です。


昭和45年創業ですので44年の歴史があった会社です。神戸では非常に知名度の高いスイーツ店として有名でしたが、同業他社との競合が激化し調子が悪かったんです。


昨年秋に全従業員も解雇し清算準備に入ってましたが、その時、オーナーパティシエの上野社長がおらず、そのまま姿をくらましているようです。現在本店があった場所は労働組合が占拠しているようで、「上野社長は団体交渉に応じなさい!!」と書かれた横断幕などが張られ、物々しい雰囲気になっているんです。


スターバックスなどの新しいスタイルのコーヒーショップなんかも沢山神戸に出店していますので、これからのスイーツショップも味だけじゃなくって感じなんでしょうか。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。