神戸市の『人口』が福岡市に抜かれる。神戸は「5大都市」から転落し6位になった模様。

ライター:カズマ

meriken_006

2015年に国勢調査が行われていましたが、その速報結果が発表された模様です。各自治体ごとの独自集計で速報を発表しているみたいです。

なんと、、神戸が福岡に抜かれ、「5大都市」から転落した模様です。ちなみに市区町村でのランキングの場合、東京は東京23区(900万人程度)が23コに分かれるのでここにはでてきません。多いところで世田谷区の90万人ですので、10位を少し下回る感じです。

 1.横浜市 372万6167人
 2.大阪市 269万8024人
 3.名古屋市 229万6014人
 4.札幌市 195万3784人
 5.福岡市 153万8510人
 6.神戸市 153万7860人
 7.川崎市 147万5300人
 8.京都市 147万4570人
 9.さいたま市 126万4253人
10.広島市 119万4504人 

福岡市の人口増については、主に転入によるもので、九州全域から福岡市に集まっているそうです。

近畿が2276万人(2010年)、九州が1323万人(2006年)の人口規模で、九州は福岡一極集中という流れがありますので、そういう意味では、近畿の神戸・大阪・京都で人が分散していることも考慮すると、当然の流れなのかもしれません。福岡市は「九州の東京」なのです。

福岡市は、学生数も京都に次いで二番目に多いというところも、その後の住む場所に影響していると考えられますし、住宅街とビジネス街、繁華街が近距離にある「コンパクトシティ」であることも要因の一つだそうです。

一方で、神戸市については、大阪に人が流れているということも聞きますし、学生が就職の際に神戸を離れるそうです。他の多くの都市と同じように、東京に人が流れているということもあるかもしれません。

この件については、神戸市の久元喜造市長は「人口規模のみを追い求めるのではなく、神戸らしい魅力やブランド力に磨きをかけたい」とコメントしているそうです。量より質だ!ということでしょうか。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。

1 個のコメントコメントを残す
  • 読者さん

    けどやっぱりちょっと悔しいなw

    2016年2月19日8:53 AM 返信する