子ども・若者なのに家事&家族の世話をしている『こども・若者ケアラー』のための「相談・支援窓口」ができるみたい。6月1日から

ライター:ゆう

「こども・若者ケアラー」の当事者・関係者からの相談を受け付けて、ケースに応じた支援につなげていく専門窓口が6月1日から始まります。


神戸市中央区橘通3-4-1

「こども・若者ケアラー」とは、障がいや病気のある家族・幼いきょうだいなど、ケアが必要な人がいるために、本来大人がするような家事や家族の世話を日常的に行っている子どもや若者のことです。

「ヤングケアラー」は一般的に18歳未満の児童を指しますが、神戸市では「こども・若者ケアラー」として20代の人も含まれています。

相談する方法は「電話・メール・直接来所」の3つ。支援計画を立ててくれたり、公的サービスの活用を調整してくれたり、ケアラー同士の交流・情報交換のための居場所を作ってくれたりします。



開設日
2021年6月1日(火)

場所
神戸市立総合福祉センター1階

受付時間
平日9:00~17:00(土日祝日・年末年始除く)

受付方法
TEL:078-361-7600/Eメール:carer_shien@office.city.kobe.lg.jp/来所

周りに相談できる場所を知っておくことは大事なことかもしれません。1人で抱え込まずに、大人に頼れる環境が整っていくといいですね。

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。