ポーアイの下水処理場を見学すると、神戸の『マンホールカード』第2弾をもらえるみたい。4月25日から

ライター:エミ

神戸の『マンホールカード』第2弾が完成しました。「だいすきこうべ」がテーマになっています。ポートアイランド処理場を見学するともらえるそうです。


神戸市中央区港島中町8-4

『マンホールカード』は、土地柄を反映したデザインの「マンホール」をとり上げて、写真とともにデザインの由来やご当地情報、下水道に関連する豆知識などを紹介するものです。

今回完成した神戸市第2弾のデザインは、「第1回マンホールデザインコンテスト」小中学生の部で最優秀作品に選ばれたものだそう。

山を波に見立て、その上を船が走るというデザインで、神戸空港から来た飛行機も描かれています。マンホール自体は三宮に設置されているそうです。



配布開始日
2021年4月25日

配布場所
ポートアイランド処理場

配布方法
【平日】事前予約制の処理場見学者、下水道展示室の見学者に配布 (10:00~16:00)
【土日祝】下水道展示室の見学者 (11:30~12:30)※事前予約が必要 

ポートライナー「市民広場駅」から徒歩10分くらいのところにある「ポートアイランド処理場」で配布されます。

王子動物園がテーマになっている、第1弾の『マンホールカード』の配布も東灘区の「東水環境センター」で行われています。

全国では717種類の『マンホールカード』が発行されているそうなので、コレクションとして集めてみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
GKP(下水道広報プラットホーム) – 公式サイト

 
エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。