三宮の『さんきたアモーレ広場(通称:パイ山)』が10月2日(土)にオープンするみたい

ライター:ふうか

阪急「神戸三宮駅」東口前の待ち合わせスポット『さんきたアモーレ広場(通称:パイ山)』が、10月2日(土)にリニューアルオープンします。


神戸市中央区加納町4

通称「パイ山」と呼ばれている『さんきたアモーレ広場』は、周辺の再整備にともなう工事のため、長らく閉鎖されていました。

三宮の「パイ山」跡(さんきたアモーレ広場)がほぼ完成形に。木も植えられてる

2021.09.27

外から見ても分かるぐらい「完成形」に近づいていましたが、ついに工事が完了し、リニューアルオープンすることが決定したみたいです。

【所在地】神戸市中央区加納町4 
【面積】約1,200平方メートル
【広場デザイン】
設計者:津川 恵理(神戸市出身)
作品名『Lean on Nature(リーン オン ネイチャー)』-自然に寄り添い、助け合ってきた神戸の新しいシンボルとなるように-
【供用開始】2021年10月2日(土)17:00以降予定

パイ山跡にできる「新アモーレ広場」のオープニング式典で『パブリックパフォーマンス』が行われるみたい

2021.08.04

また、リニューアルを記念して「オープニングセレモニー」が開催されます。

新型コロナウイルスの感染状況を考慮して「関係者のみ」での開催ですが、「オンライン配信」で観ることができますよ。

オンライン配信はこちらから。



【日時】
2021年10月2日(土)16:15~17:00(予定)※雨天時:10月8日(金)17:15~18:00(予定)
【場所】
阪急神戸三宮駅前「さんきたアモーレ広場」
【内容】
・主催者あいさつ〈久元 喜造(神戸市長)〉
・来賓ごあいさつ〈角 和夫(阪急電鉄株式会社代表取締役会長)/坊 やすなが(神戸市会議長)/宮迫 豊治(三宮阪急前商店街振興組合理事長)〉
・設計者あいさつ〈津川 恵理(建築家ALTEMY代表/東京藝術大学教育研究助手)〉
・テープカット
・パフォーマンス

広場を舞台と見たて、ダンサーを始めとする身体表現のプロフェッショナルが集まり、今後日常になっていく新たな公共空間での過ごし方を表現したダンス。限定的な使い方ではなく、人それぞれの身体スケールや滞在目的・時間によって、多様な振舞いが生まれることを期待し、また広場で今後起こっていく市民主導の文化活動に繋がるようにという思いを込めています。
〈津川恵理(つがわえり)〉建築家ALTEMY代表/東京藝術大学教育研究助手「さんきたアモーレ広場」コンペにおいて最優秀賞を受賞
〈逢坂由佳梨(おおさかゆかり)〉NYと神戸を拠点に国際的に活躍している舞踊家、振付家。コンテンポラリーダンスパフォーマンスユニットENTERART代表

『パイ山』の新しいデザインが決定してる。神戸出身の津川 恵理さんのデザイン。次の呼び名を考えねば

2019.03.19

新しいデザインが決まってから約2年半、やっと「待ち合わせスポット」に困らなくなるかもしれません。

サンキタ通りなど、周辺の再整備もどんどん進み、これからどんな賑わいを見せるのか楽しみです。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。