神戸で生まれたイノベーション製品・技術を紹介する夏の特別展「世界に誇る日本のイノベーション」7/21-9/2 ポーアイのバンドー神戸青少年科学館

ライター:カズマ

ポーアイにある「バンドー神戸青少年科学館」で、この夏のメインイベントとして、戦後の日本および神戸で生まれたイノベーション製品・技術を紹介する特別展示が行われます。

世界に誇る日本のイノベーション

2018年7月21日(土)~9月2日(日)9:30~17:00
バンドー神戸青少年科学館


神戸市中央区港島中町7-7-6

日本におけるイノベーションは着実に推進し、新たな価値を生み出し、社会に大きな変化を起こしてきました。そして、私たちが快適に暮らせる社会をもたらしました。

今回の特別展では、公益社団法人 発明協会が選定した「戦後日本のイノベーション100選」のトップ10と、神戸(兵庫)発の興味深いイノベーションの数々を紹介し、日本および神戸発のイノベーションについて理解を深めてもらいます。

また、本イベントの期間中、イノベーションに関連した工作を特別展示室会場内で毎日実施するほか、出展企業によるイノベーションを起こした商品・技術の誕生秘話などを話していただく講演会も開催します。

戦後日本のイノベーション100選 トップ10

公益社団法人 発明協会が選定した「戦後日本のイノベーション100選」のトップ10の紹介を行い、企業の協力を得た製品・技術計11点を展示します。展示物のほか、パネルでの解説を行い、展示物によっては映像による紹介を行います。

トップ10は、上記以外に「マンガ・アニメ(1963年)」、「家庭用ゲーム機・ゲームソフト(1983年)」、 「発光ダイオード(1993年)」が選ばれました。

発明協会によるイノベーションとは、「経済的な活動であって、その新たな創造によって、歴史的社会的に大きな変革をもたらし、その展開が国際的あるいはその可能性を有する事業。その対象は発明に限らず、ビジネスモデルやプロジェクトを含み、またその発明が外来のものであっても、日本で大きく発展したも のも含む」と定義しています。

「戦後日本のイノベーション100選」に選ばれた兵庫発イノベーション

「戦後日本のイノベーション100選」に選ばれた古野電(株)の魚群探知機(1948年)を、ネットワーク対応航海機器と共に展示(計2点)します。

神戸(兵庫)発イノベーション

神戸(兵庫)の地から生まれた興味深いイノベーションの数々(計9点)を企業、研究機関の協力を得て展示します。

体験コーナー

科学館で月2回実施している科学館屋台と夏の特別展がコラボレーションし、科学館屋台で人気の工作や、イノベーションに関連した工作を特別展示室会場内で毎日実施します。

期間タイトル内容
7/21(土)~7/26(木)・8/10(金)~8/20(月)ふくらむ!?ぷにぷにボール科学館屋台人気NO.1のワークショップ。いい香りのする涼やかで“ぷにぷに”なボールを作ります。
7/27(金)~8/2(木)・8/28(火)~9/2(日)フシギなCDゴマCDとビー玉を組み合わせて、よくまわる独楽をつくろう。デザインはあなたにお任せ!自分だけのオリジナル独楽に挑戦します。
8/3(金)~8/9(木)アニメスティックスティックをまわすと月が満ち欠けしたり宇宙飛行士が現れたり・・・。アニメーションの原理を学びながら工作します。
8/21(火)~8/27(月)LEDカードLEDを光らせるコツは?LEDで回路を組んで光るメッセージカードを作ります。

場所
バンドー神戸青少年科学館 新館4階 特別展示室

入場料
大人600円/小中高校生300円

◆関連リンク
バンドー神戸青少年科学館 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。