神戸市が、サッカー日本代表「香川真司」「岡崎慎司」「昌子源」選手に『神戸市スポーツ特別賞』を贈呈するみたい。表彰式も開催するそう

神戸市が、「2018FIFAワールドカップ ロシア大会」に日本代表として出場し、世界の強豪国を相手に1次リーグを突破、2大会ぶりのベスト16進出に大きく貢献する活躍をした、神戸市にゆかりのある3選手に対し、「神戸市スポーツ特別賞」を贈呈するそうです。

表彰されるのは以下の3選手です。

・香川 真司 選手(ボルシア・ドルトムント 所属)※神戸市垂水区 出身
・岡崎 慎司 選手(レスター・シティFC 所属)※滝川第二高等学校 卒業
・昌子 源 選手(鹿島アントラーズ 所属)※神戸市北区 出身

「神戸市スポーツ特別賞」とは
国際競技大会や全日本選手権大会において優秀な成績を収めた選手、各種競技大会で日本記録を更新した選手の内、特に優秀な成績を収めた選手に対して市長が表彰するものです。過去の受賞者は、個人がのべ80名、団体がのべ40団体となっています。

ちなみに、ベスト8をかけた試合で負けた時、つまり日本のワールドカップが終わった時のそれぞれの選手のインタビューの様子はこちら。

【試合後インタビュー】「個々の差が最後出た」香川真司 (ベルギー戦) – YouTube
【試合後インタビュー】「悔いしか残っていない」岡崎慎司(ベルギー戦) – YouTube
【試合後インタビュー】「この悔しさは一生忘れることはない」昌子選手(ベルギー戦) – YouTube

それぞれサッカー選手としてすばらしい戦いを行って、試合後の悔しい中でインタビューを受けていたことと思いますが、昌子選手の明確に悔しさを表現したインタビューがなんか泣けてくる。

表彰式も行われるそうなので、ぜひその時は3選手の笑顔がみたいですね。