三宮センター街で、学生が震災について発信する『1.17→(イッテンイチナナカラ)』1/16-17「レスキューロボット」の展示も

ライター:ユカコ

「三宮センター街」で、学生が震災を発信するイベント『1.17→(イッテンイチナナカラ)』が行われます。

1.17→(イッテンイチナナカラ)

2022年1月16日(日)17日(月)11:00~16:00
三宮センター街1丁目 西側(京町筋から生田筋)


神戸市中央区三宮町

『1.17→』は、令和元年度からスタートされた、阪神・淡路大震災を経験していない世代である大学生が中心となり、震災について学び、感じたことを発信するプロジェクト。

「震災&文章の書き方」を学んで発信するプロジェクト『1.17→(イッテンイチナナカラ)』への参加学生を募集してる。8月30日まで

2021.08.23

今年度は、防災ワークショップ、レスキューロボット展示などが「三宮センター街1丁目」の西側で開催されるそうです。

 

 

神戸耐震検定
地震対策について、市民により深く知ってもらうために、学生が「神戸耐震検定」を作成。10分程度の検定です。検定を解いて、アンケートに回答すると「非常食」をプレゼント。

神戸耐震検定こども版~オキール博士からの挑戦状~
こども向けの神戸耐震検定を学生とともに作成。神戸市耐震キャラクターのオキール博士からの、地震や防災についての問題に挑戦できます。挑戦者にはプレゼントも。

学生による防災ワークショップ
プロジェクト活動を通して得た知識を活かして「防災グッズ」の工作や「ブロック塀」の展示などの地震対策に関する、防災ワークショップが学生によって実施されます。

レスキューロボットの展示・デモンストレーション

最先端のレスキューロボットを展示。「World Robot Summit(人とロボットが共生し、協働する社会の実現に向けた国際的な競演会)」で行われた災害対応カテゴリーの競技の一部を、ロボットを用いてデモンストレーションします。

注意事項
※イベントは新型コロナウイルスの感染防止策をとりながら実施します
※同感染症の状況により内容変更や中止となる場合があります

参加はすべて「無料」となってます。防災や震災について、知識を深めるきっかけになるかもしれません。

◆関連リンク
1.17→(イッテンイチナナカラ) – 神戸市公式ホームページ

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。