神戸市役所の横にある「こうべ花時計」のデザインが『イニエスタ』になってる

ライター:ビッグブリッジ

神戸市役所の横にある、もうすぐなくなる予定の「こうべ花時計」が、ヴィッセル神戸に加入した「アンドレス・イニエスタ」選手のデザインになってたので、見てきました。


神戸市中央区加納町6-5-1

神戸市役所の山側にある『こうべ花時計』10月の撤去に向けて周辺工事が始まってる。日本初の花時計

2018.04.27

悲しいかな花時計は基本上を向いていて、正面から見てもなかなかデザインがわからないので、まず、説明看板。こういうデザインになってます。

ちなみに2018年10月に撤去される予定になっていたはずですが、「次回の植え替え予定」として「平成30年 10月中旬」との記載があります。

もともと市役所建て替えと合わせて撤去の予定ですので、もしからしたら、市役所建て替えの工事なんかがずれ込んでいるのかもしれません。

図案名「イニエスタ選手、ようこそ神戸へ」

名門FCバルセロナの中心選手として、また、スペイン代表MFとして活躍したアンドレス イニエスタ選手が、神戸市を拠点として活動するトップスポーツチームであるヴィッセル神戸に加入したことを受け、市民のみなさんと共にお迎えし、歓迎のメッセージを発信していきます。

花時計ではイニエスタ選手への歓迎の意を込めて、背番号「8」番のユニフォームと、サッカーボールをデザインしました。

若干遠めから。この場所からはあまりイニエスタ感がないですが、さっきのイラストを見てからだと、ちょっと分かる?

ここまで近づくとどうでしょう?花が柔らかい自然な色をしてますので、ぱっと見判断ができないかもしれませんが、間違いなくイニエスタデザインになってます。

最近は、色々な所でポスターなどのイニエスタ選手の写真を見るような気がします。みなさんも近場のイニエスタ選手をチェックしてみてはいかがでしょうか。というか「ノエビアスタジアム」に本物を見に行きましょう!

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長