ポーアイの「青少年科学館」がリニューアルするそう。プラネタリウムで「スポーツ観戦」も

ライター:カオル

ポートアイランドにある「青少年科学館」が来年リニューアルするそうです。


神戸市中央区港島中町7-7-6

神戸市立青少年科学館は、1981年(昭和56年)の「神戸ポートアイランド博覧会」に出展された「神戸館」と「神戸プラネタリウムシアター」を、終了後に増改築して整備されました。

展示室は何度かリニューアルされましたが、今回の目玉は「プラネタリウム」のリニューアル。


神戸市広報twitterより

プラネタリウムは最新機器に入れ替えられ、一番前の席にはソファのような「リラックスシート」も新設。

さらに、星空を映すだけでなく「多目的ドームシアター」として「コンサート」や「講演会」の会場、さらに「スポーツ観戦」などもできるようにするそう。

ドーム状のスクリーンで、サッカーの試合を観たらどんな感じになるのか気になります。ちょうど来年は、サッカーW杯もありますし、パブリックビューイングの会場になったりするんでしょうか。



「展示室」の方は、「プロジェクション・マッピング」の体験型展示や、ロボットの操作を体験できる「ロボット・ファクトリ-」などができます。

「展示室」が2022年4月に先にオープンし、「プラネタリウム」は2022年7月オープン予定。

来年2月から工事を始めるそうですが、「一部閉鎖」で全館休館まではしないそうです。


閉鎖予定
プラネタリウム:2022年2月21日~6月30日
第2展示室・本館新館の連絡通路:2022年2月1日~3月20日

今も青少年科学館では「星空ウォッチング」など夜に開館することがありますが、リニューアルした後はさらに夜に足を運ぶ機会が増えるかもしれません。

◆関連リンク
バンドー神戸青少年科学館 – 公式サイト
神戸市広報 – Twitter

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。