水族館「átoa(アトア)」で、星空写真家KAGAYAによる企画展『星空の世界』が開催されてる。星空や水辺の印象的な写真を展示

水族館「AQUARIUM×ART átoa(アトア)」で、宇宙と神話の世界を描く写真家「KAGAYA」による企画展『星空の世界』が開催されています。

KAGAYA写真展「星空の世界」

2022年5月13日(金)~7月18日(月)
AQUARIUM×ART átoa(アトア) 3階PLANETS


神戸市中央区新港町7-2

今回KAGAYA写真展「星空の世界」が開催されるのは、3階の「PLANETS」。生命の起源を感じさせる「奇跡の惑星」をイメージし、宇宙や深海を表現した空間だそうです。

その空間で、KAGAYAさんが撮影した「星空や水辺」の印象的な写真パネル作品40点と、映像作品2点が展示されます。

1階ミュージアムショップでは、タイムラプス映像作品「一瞬の宇宙」と「天空讃歌」も上映されるみたいです。特設コーナーでは、書籍の販売も。


KAGAYA(カガヤ)
豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、宇宙と神話の世界を描くアーティスト。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国各地で上映され大ヒット。国内をはじめ欧米・アジアなど累計100館を超えるプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人突破。現在も動員記録を更新中。
2011年、水樹奈々のコンサートでは、東京ドームの天上に映像を投影する演出を手掛けた。写真家としても人気があり、写真集『星月夜への招待』『天空讃歌』『悠久の宙』『星と海の楽園』『天空への願い』『Starry Nights』、フォトエッセイ集『一瞬の宇宙』、入門書『星空の楽しみかた』を刊行。星空写真は小学校理科の教科書にも採用されている。写真を投稿発表するTwitterのフォロワーは80万人を超える。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている。

期間
2022年5月13日(金)~7月18日(月)

主な展示作品
銀河の果ての南極光/銀河のほとりで/小さな楽園/薄明の空いっぱいに/夜空の宝石たち

観覧料
無料 ※別途átoa入場料が必要

「水族館」と「星空の写真」の両方を楽しめるので、デートにもよさそうですね。

◆関連リンク
アトア átoa – 劇場型アクアリウム – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。