前スマスイ園長が「再開発計画」を『金儲けしか考えない人たち』と批判してる模様。どうなるスマスイ

ライター:カズマ

スマスイが定期的に発行する「PEACE」という情報誌があって、スマスイや海洋生物についての情報を掲載しているのですが、2019年12月に発行された「Vol.23」に『再開発計画』についての記載がありました。

昔はこうだったよとか、丸くいい話をしているのかと読んでみたのですが、かなりパンチのあるメッセージなので紹介しようと思います。何か色々考えさせられます。

今、スマスイで話題になっていることについて、以前ポイントを整理をしました。

新しい「スマスイ」は料金が高い?教育施設なのか、観光施設なのか

2019.10.30

「水族館という存在」というタイトルで、前スマスイ園長で岡山理科大学 生物地球学部 教授、現在はスマスイの「学術研究総括」というポジションにいる亀崎直樹(かめざき なおき)さんが書いています。ウミガメの研究者。

かなりエッジのきいたメッセージ。「資本主義は否定しないが、教育と報道は金にまぶしてはいけない」とし、現在の計画を「金儲けしか考えない人たち」と批判的に書いています。

現在のスマスイの運営について整理すると「須磨海浜水族園共同事業体」が運営し、株式会社アクアメントを代表として、株式会社名鉄インプレス、株式会社アクアート、一般財団法人神戸観光局で構成されています。指定管理者制度をとっていますので、市営ですが民間運営という形で、その民間運営の中に神戸観光局が参画している状況です。

2020年3月までは、「須磨海浜水族園共同事業体」が運営し、その後は再開発の優先交渉権者(設置予定者)が運営を引き継ぐ予定です。

最後のメッセージということなのか、研究者として黙ってられなかったのか、かなりパンチ力のある論説です。

よくよく再開発の選定委員をチェックしてみたら、京都大学の名誉教授「中坊 徹次」さんが海洋生物系の研究者として参加していますが70歳とだいぶご高齢で、基本的に建築、景観、観光、マーケティングの専門家が多いような気もしますし、計画スタンスとして観光地化というのが既定路線と言えます。

選定委員会
・赤澤 宏樹(兵庫県立大学自然・環境科学研究所 教授)
・柏木 千春(流通科学大学人間社会学部観光学科 教授)
・川北 健雄(神戸芸術工科大学環境デザイン学科 教授)
・綴木 公子(さくら萌和有限責任監査法人 代表社員)
・中坊 徹次(京都大学 名誉教授)
・増岡 亮(大手前大学メディア・芸術学部 准教授)

紙面では、その横にある「こぼれ話」というコーナーでも飼育教育部部長の文章で、ふんわり再開発計画をディスってる感じですので、こちらも黙っていられなかった様子。

いよいよ始まろうとしている再開発。観光分野に関わる事業者さんにとってはかなり期待値が高い再開発のような気もしますし、一方で、地元利用者としては、料金が高くなったりして反対したりもしています。それから、今回紹介した研究者の明確な反対。

単純に民間事業者と市民という構図だと、環境問題とかがなければコンテンツは民間事業者主導になる可能性もありますが、今回のポイントは、土地が「須磨海浜公園」でそれを貸し出して行うP-PFI方式であるというところ。つまり、市民の土地であるがゆえに、市民または行政の意見が一定反映されるはずスキームです。

最終的な着地は政治的に決めることになると思うのですが、もう少し議論が活発になればなと思います。地元の水族館とは何なのか。生活と観光はどのように混ざり合っていくのか。改めて考えるきっかけになればと。

多分まだ配布中ですので、興味があればぜひ。色々な場所にあります。どこかは分かりませんが。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。

18 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    昨日の関西テレビ報道ランナーで須磨水族園について取り上げられてました。
    現状の須磨水族園は赤字で今後使い続けるには修繕費に何十億円と必要であることがわかりました。水族園は生活必需品ではないので神戸市が税金から多額のお金を費やすのはいかがなものかと思います。反対派はそのことをどう思っているのでしょうか。自分たちのわがままを通したいがための運動であるのであればやめた方がいいと思います。神戸の将来を考えるのであれば再整備は必要だと思います。

    2020年1月29日12:18 PM 返信する
  • 神戸市民

    水族館の有り様は教育もエンターテイメントも両側面があります。
    どちらが正しいと言うわけではなくどちらに舵をとるかだけの話しでどちらもアリなんですが、そのプロセスが適切でなかったからここまで衝撃が広がっているだけのような気がするんですよね。
    つまり行政の怠慢。
    我が家はのびパスを持っていても数回子供を連れていっただけで子供は行きたくないと拒否するようになってしまいました。
    そんな水族館のまま税金を投入するならそれはムダと言うものです。もちろんリゾートに生まれ変わったらそれはそれで一生行くことはなくなるでしょう。
    今の市長を選んだ結果がもたらしたものだと有権者である私は反省しています。
    こうなる前ならもっといろんな手は打てたと思いますが、こうなってしまってはもう遅く残念です。

    2020年1月18日9:47 AM 返信する
    • 匿名さん

      税金は投入されませんよ。
      民活民営ですから。
      むしろ土地の賃料が神戸市に入ってきて
      財政が潤う方向です。
      ちゃんと調べてください。 
      神戸市は都市間競争で負けつつある都市です。やはり、都市を活性化させる起爆剤が必要だと思います。
      今回のプロセスは至極全うです。
      他都市でもほぼ同じプロセスです。
      外部の有識者が判断をしております。
      議事録も神戸市のホームページに載ってます。
      高度経済成長期であれば自治体も体力があり水族園を公共施設として維持管理できるでしょうが、これからの時代にはナンセンスであると思います。

      2020年1月18日12:28 PM 返信する
  • ぢゃらん

    ヒメスイは充実。
    スマスイがリニューアルしたら、ヒメスイの10倍楽しめるのかな?

    2020年1月16日12:20 AM 返信する
  • きよ

    ご免なさい、自分勝手な事は承知の上でコメします。シャチは家族の絆がとても強い生き物、 今、鴨川のシャチ達は4頭揃って最高のパフォーマンスを魅せてくれています!どうか引き離さないで下さい‼️

    2020年1月14日7:12 AM 返信する
  • 匿名さん

    年末に詳細な計画が出て、新須磨水族園では、神戸市民デーを制定しその日は大人1000円にするようです。前売りチケットでは2600円程度になったり、子供会で行くとさらに割引になったりと料金メニューがいろいろあるようです。また、須磨コレクションとして無料で魚を見れるコーナーもできるようです。そういうのを取り上げられないのは偏向報道ではないでしょか。反対運動も政治的臭いがプンプンします。

    2020年1月13日9:17 PM 返信する
    • カズマ

      ありがとうございます。料金メニューなど新しく出た情報は今後ピックアップしていきます。
      記事としては特に「賛成」とか「反対」とかというスタンスではなく、政治的な思想があるワケでもなく、市民の間で話題になっていることの論点整理をしたいと思っています。
      あと、行政が決めた事を多少でも「これどう?」って感じで記事にしたり市民が話題にすると、基本的に「政治的」と印象付けられる側面もあります。
      ただ記事としては、アンチではなく問題提起だと思っています。それだけ政治が市民生活に密着しているという証左でもあります。
      ですので、偏らないような形で話題になっているものは引き続き情報発信をしたいと思います。

      2020年1月13日9:59 PM 返信する
  • 匿名さん

    神戸市内で育った子どもたちには「のびのびパスポート」で気軽にいけた水族園が観光客のためのものになろうとしているのは腹立たしいこてです
    創意工夫で低料金を目指してもらいたいです 政治は金儲けより市民の暮らしやすさを目指すべきだと私は考えます

    2020年1月13日9:08 PM 返信する
  • すいすい

    オリックスが一枚かむのかと思ってましたが、名鉄ですか、田舎の大私鉄が神戸で何をするの?先ずは行かないでしょう。

    2020年1月13日8:30 PM 返信する
  • ノリ

    新しい施設ができても来るのは富裕層の人、中国やアジアの金持ち、そのおかげで須磨は治安が悪くなり、騒音公害も、またゴミだらけの浜になり夏は一晩中花火、などなど、静かなウォーキングコースで、新月の夜には流星も見ることができる須磨の浜はもう戻らない。
    私の頭の中は残念な状況でいっぱいです。

    2020年1月13日12:08 PM 返信する
  • 匿名さん

    既存の事業者がコンペで負けたため、関係者がコンペに勝った事業者を金儲け主義と批判するのは問題であると思う。
    既存の事業者の須磨の提案は現実見に欠けているもので、負けて当然である。
    負け犬の遠吠えはやめるべきである。

    2020年1月13日7:12 AM 返信する
  • スマスイピンチ!

    須磨海浜公園再整備、シーパル須磨も松林も破壊する計画。
    スマスイは、年間110万人も来園する黒字施設。
    来園者の半分は兵庫県民、そしてその半分が神戸市民、リピーターも多く。
    大人1300円、子供は のびパスなども使えて基本的に無料。
    子供たちの憩いの場であって教育機関でもある歴史と伝統ある施設。
    全国の水族館の手本となって来た施設。
    それが今、レジャーになろうとしている。
    今更、シャチのショーでインバウンド狙いの計画には恐怖をおぼえる。
    須磨の地に必要なのだろうか?

    2020年1月13日6:39 AM 返信する
  • 鱚釣人bix

    現状のままでは、須磨水族園の継続は困難なんだろうと思う。値段が高いという人がいるが、どのような頻度で行っているのでしょうか。子供の頃に1回、2回程度ではないでしょうか。少し高くなるかもしれませんが、須磨水族園を維持していくために、もっと来てもらうようにするための改善ではないでしょうか。私は新しい須磨水族園に期待します。

    2020年1月13日1:15 AM 返信する
  • 匿名さん

    水族館とその他のスペースとその他のスペースの入場を分ければ良い。
    単体券と併せて入場の割引を。

    2020年1月12日7:10 PM 返信する
  • スマボウ

    須磨区民です
    須磨海浜公園は日常的な散歩コースです
    須磨海岸。昼間は世界に誇る景勝地。夜間は真っ暗闇で人様の行くところではありません。
    観光資源としての須磨海浜公園は、昼間と夜間の格差が激しすぎます。

    スマスイの再開発計画。水族園だけではなく、海浜公園を含む周囲への波及効果を考慮すべきです。夜間も明るくなれば、須磨海岸は観光資源としての価値が上がります。それは観光都市神戸には大きなメリットをもたらせるでしょう。

    須磨区民はスマスイにはあまり行きません。私たちが関心があるのはスマスイではなく、須磨海岸です。

    2020年1月12日4:38 PM 返信する
  • KOBE

    資本主義なので当たり前の事ですよね。
    言いたい事は分かりますが、少子高齢化や若者の県外への流出、インバウンド需要の低さ、衰退し続ける経済などの深刻な問題を抱えてる神戸市の現状を踏まえると街を殺さないためにこの様な大胆なリニューアルは必要だとおもいます。

    2020年1月12日3:44 PM 返信する
  • 50年以上の地元民

    観光客向けにシフトするにしても、地元のコンセンサスで大失敗した感じですね。中でもノビパを無くしたのは最大の悪手。

    2020年1月12日3:14 PM 返信する
  • ジンベイザメ

    料金が安いがつまらない施設なら、USJのように料金は高くても感動が体験できる施設ならその方がいいし、ガラガラの施設より結果的に多くの人に喜びを与える施設になる。

    2020年1月12日8:42 AM 返信する