神戸から車で1時間以内で行ける「あじさいスポット」8選。ドライブがてら花旅しよう

ライター:このみ

ジメジメ、蒸しっとスッキリしない毎日ですね。そんな時だからこそ楽しめるのがあじさい

普段、身近な場所でも見ることはできますが、今回は「あじさいスポット」と呼ぶにふさわしい、たくさんのあじさいが見られるおすすめスポットを、神戸市内から1時間圏内に限定して8か所ご紹介していきます。

青・紫・白など、爽やかな「あじさいスポット」で、梅雨の湿っぽさを忘れるドライブにでかけてみてはいかがでしょうか。

Index
・【須磨】須磨離宮公園
・【須磨】須磨浦山上遊園
・【中央区】神戸布引ハーブ園
・【六甲】六甲高山植物園
・【北区】森林植物園
・【市外】あじさいフローラみき(三木市)
・【市外】相野あじさい園(三田市)
・【市外】夙川公園 阪急 苦楽園口駅付近(西宮市)

【須磨】須磨離宮公園

『須磨離宮公園』は、かつての皇室の別荘「武庫離宮」の跡地に整備された公園で、噴水広場などがある「本園」と「植物園」をあわせると「甲子園球場」6倍ほどの広さがあります。

噴水広場の「バラ」をイメージする人が多いですが、実は「植物園」の側にあるあじさいも綺麗なんです。「植物園」では、他にも年間を通して300種類以上の植物が楽しめるそう。

入園料は、15歳以上(中学生を除く)は400円/小中学生は200円で、兵庫県内在住で65歳以上の人(※)や、のびのびパスポートを提示すると無料で入園できるみたいですよ。

(※)お住まいの自治体がご本人に発行するお名前・住所・年齢を記載した公的証明書の原本を入園の際に提示。(例)運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、すこやかカードなどの原本

住所
神戸市須磨区東須磨1-1 MAP

営業時間
9:00〜17:00(入園は16:30まで)

定休日
毎週木曜日

◆関連リンク
神戸市立 須磨離宮公園 – 公式サイト

【須磨】須磨浦山上遊園


画像:Instagramより(@aoba_sumaurasanjyo

山陽電車「須磨浦公園駅」からロープウェイであがったところにある『須磨浦山上遊園』では、園内にさまざまな施設があります。

「ミニカーランド」「チビッコ広場」など子供連れのものから、バーベキューテラスや展望台など家族・友人・カップルでも利用できそうなスポットまでありますが「回転展望閣」の近くでは、現在「あじさい」が見頃を迎えています。

ロープウェイは、大人往復920円/小人(小学生)往復460円で、駐車場は「須磨浦公園駅」ロータリー西側に、神戸市営須磨浦公園駐車場(約200台収容、有料)があります。

お得なセット割チケットもあるようなので、足を運ぶ際は詳しくチェックしてみてくださいね。

住所
神戸市須磨区一ノ谷町5-3-2 MAP

営業時間
10:00〜17:00

定休日
火曜日

◆関連リンク
須磨浦山上遊園 – 公式サイト

【中央区】神戸布引ハーブ園

『神戸布引ハーブ園』は、約200種75,000株の花やハーブが咲く、日本最大級のハーブ園で、園内の植物を眺めながら食事ができる「レストラン」や「ハーブの足湯」「香りの資料館」などがあります。

園内の「林の小径」では、階段両サイドにあじさいが咲いており、インスタ映えもしそう。

三宮からちょっとしか離れていませんが、高台なので夏でも涼しく、自然溢れた非日常感を味わえる雰囲気で、梅雨の晴れ間を狙ってサクッとピクニックなどをしても楽しめそうですよ。

「専用駐車場」はないので、ANAクラウンプラザホテル神戸の駐車場など、近隣駐車場に停めてから、ロープウェイであがります。

住所
神戸市中央区北野町1-4-3 MAP

営業時間
10:00~17:00
※7/19までの営業時間となり、季節によって異なります。

定休日
年中無休

◆関連リンク
神戸布引ハーブ園 – 公式サイト

【六甲】六甲高山植物園

『六甲高山植物園』は、北海道南部に相当するくらい涼しい気候を利用し、世界の「寒冷地植物」などを約1,500種栽培している「高山植物園」です。

年間を通じて珍しい植物を楽しむことができますが、6月中旬から「アジサイ園」がオープンしていて、代わる代わる咲くあじさいを楽しむことができます。

入園料は、大人(中学生以上) 700円/小人(4歳~小学生) 350円。6月22日時点ではまだ2部咲きとのことだったので、これから本格的な見頃を迎えそうです。

住所
神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150 MAP

営業時間
10:00~17:00 (16:30受付終了)

定休日
木曜日

◆関連リンク
六甲高山植物園 – 公式サイト

【北区】森林植物園

北区にある「森林植物園」はUSJの2.5倍以上もある植物園で、様々な樹林が植栽展示されています。

その中でも「あじさい園」では、六甲山の幻の花といわれた「シチダンカ」をはじめ25種350品種・約5万株ものあじさいが見られる名所のひとつ。

入園料は大人が300円/小・中学生が150円で、のびのびパスポートを提示すると無料になります。

6月11日(土)~7月18日(月・祝)の期間中はイベントを開催しているそうで、コンサート/森林浴ヨガ/早朝探鳥会/あじさいの髪飾り体験などができるようですよ。※コンテンツごとに開催日が異なります。

住所
神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2 MAP

営業時間 
平日 9:00~17:00
土日祝 8:00~18:00
※入園は閉園の30分前まで

定休日
期間中は無休

◆関連リンク
神戸市立森林植物園 – 公式サイト

【市外】あじさいフローラみき(三木市)

三木市にある『あじさいフローラみき』は、ターゲット・バードゴルフ、パットパットゴルフ、おもしろ自転車などのアクティビティが楽しめる施設です。

園内には2020年にオープンした「あじさい園」があり約15,000株のあじさいを見ながら散策を楽しむことができます。

「青の谷」では青色のアジサイが一面に広がっていて、その景色は圧巻!ほかにも、華やかな「西洋あじさい」「カシワバアジサイ」なども咲いています。

入園料は300円(中学生以下は無料)で、園内にバイキングが楽しめるレストランがあるほか、車で2分のところに「道の駅 みき」もあるので、ドライブがてら足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

住所
三木市福井字三木山 MAP

営業時間
9:00~17:00

定休日
火曜日

◆関連リンク
あじさいフローラみき – 公式サイト

【市外】相野あじさい園(三田市)


画像:Instagramより(@gallery_from_ia

『相野あじさい園』は、三田市・相野の「しい茸ランドかさや」に1985年オープンした山里のあじさい園です。

見ごろを迎える6月下旬~7月上旬には100種・20000株のあじさいが咲き誇り、さまざまな色のあじさいを楽しむことができます。

入園料は大人 400円/小人 200円で、まもなく満開になるみたい!

公式HPに開花情報は掲載されていますが、まさに今の咲き具合が知りたい!という人は電話で問い合わせてみてください。

住所
三田市上相野373 MAP

営業時間
9:00~17:00(最終入園 15:30)

定休日
年末年始

◆関連リンク
しい茸ランドかさや – 公式サイト

【市外】夙川公園 阪急 苦楽園口駅付近(西宮市)


画像:Instagramより(@nobuhisa_nakamura0908

桜で有名な「夙川公園」ですが、実はこの季節はあじさいスポットとしても人気なんです。

川の両岸、桜並木の根元にぎっしりと植えられています。桜と違って夙川沿いにずらっと続いているわけではなく、主に阪急 苦楽園口駅の周辺が見どころ。

あじさいエリアには整備された広場やベンチが設置されているので、雨が降っていなければ休憩がてらあじさいをのんびり眺めてみるのもいいかもしれませんね。

住所
西宮市石刎町1 MAP

営業時間

定休日

雨の日のおでかけスポットもまとめてみましたので、気になる人は合わせてチェックしてみてくださいね。

梅雨を楽しむ!「神戸」の雨の日おでかけスポット 14選 ~2022年梅雨明け予想も~

2022.06.27

いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「パン」「神戸西グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。