阪神・淡路大震災から27年『感染症対策×防災』をテーマに「講演&ワークショップ」が開催されるみたい。シーサイドホテル舞子ビラ神戸

ライター:ゆう

コロナ禍で地震が発生したときを考える「講演会」と「ワークショップ」が開催されます。防災関連グッズの展示も。

くらしの防災

2022年1月15日(土)9:30~12:00
シーサイドホテル舞子ビラ神戸


神戸市垂水区東舞子町18-11

まもなく阪神・淡路大震災から27年経とうとしていて、防災においても感染症対策が当たり前に求められる時代になってきました。

講演テーマは「コロナ禍7つの震災対策~家庭や職場で命を守る72時間~」。講師に、消防庁消防大学校消防研究センターの研究官、大津暢人さんを招きます。

コロナ禍で地震が発生した際に起こり得ることを想定し、家庭や職場で事前に対策を講じてもらうことが目的です。

講演・ワークショップの他に、「防災関連グッズ」や資料の展示もあります。



期間
2022年1月15日(土)9:30~12:00

場所
シーサイドホテル舞子ビラ神戸 舞子の間

参加費
無料

申込
WEBサイトから

問い合わせ
TEL:078-704-5701(コープこうべ第5地区本部)

最近いろんなところで地震が発生しているので、感染症対策と防災について専門家から学んでみるのもいいかもしれませんね。

◆関連リンク
シーサイドホテル舞子ビラ神戸 – 公式サイト
イベントひろば|コープこうべ – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。