板宿駅前の商店街の壁に、路上芸術家「バンクシー」へのデッカイ手紙が書かれてる。想いよ届け

ライター:カオル

路上芸術家「バンクシー」に宛てたメッセージが、板宿の商店街に書かれてます。


神戸市須磨区前池町2-2-2

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Banksy(@banksy)がシェアした投稿

世界中の壁に、神出鬼没に絵を描く「バンクシー」。作品が「億」を超すお金で取引されることもあるアーティストですが、どんな人なのか、何のために描くのか、謎に包まれた存在。

日本各地で展覧会が開かれていて、神戸ではコラボしたディスプレイなども登場してます。

旧居留地の「バーニーズ ニューヨーク神戸店」に『バンクシー』が登場するみたい。4月27日から

2022.04.26

そんな「バンクシー」に宛てたメッセージがあるのは、「板宿センター街」の一角。

各線 板宿駅の山側にある「板宿本通商店街」から、東に延びるアーケードの商店街。路地をはさんで西隣は和菓子店「もとはし」。

以前は、欧風パン「マルイ」というお店があった場所で、北を向くと市バス停留所「前池町」が見えます。

バス停を西へ行くとイオンフードスタイルなどが入る「ビバタウン板宿」がある方向で、去年「とろとろわらび餅」のお店ができた通りです。

板宿駅の近くに和菓子チェーン『わらび屋本舗』ができてる。柔らかすぎる「とろとろわらび餅」が名物

2021.11.27

「Dear Bunksy(親愛なるバンクシー)」で始まるメッセージ。

「キャンバスは、こちらです!
   ここに来て、どうか使ってください!!」

といった内容とともに、住所、連絡先が記されてます。

送り主は、この建物に入る「児童発達•放課後デイサービス レプタ」。専門スタッフの元で、発達障がいなどを持つ子ども達が、自己肯定感や社会性を楽しみながら育んでいくという施設です。

この施設の運営会社の社長さんが、バンクシーに向けた手紙を壁に書いたそうで、いつの日かこの壁のメッセージが届いて、子どもたちがバンクシーの絵と写真を撮れるように、との願いが込められているそう。


画像:公式Twitterより

ちなみに、日本にも「バンクシー」の作品では?と言われているものがいくつかあって、東京都の小池知事もツイートしてたりします。

真偽は定かではありませんが、日本で描いている可能性がないわけではないみたい。

想いが届いて、もし「バンクシー」が描いてくれたら子ども達が喜ぶのはもちろん、商店街の活気にもつながるんじゃないでしょうか。

メッセージを書いた「レプタ」は、SNSで拡散されていつか目にとまることを願っているみたい。実現するといいですね。

◆関連リンク
児童発達•放課後デイサービス レプタ – Instagram

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 神戸市民

    街にいる絵描きさんに書いてもらえば良いのに。

    2022年7月10日4:55 PM 返信する
  • 神戸っ子

    地元のアーティストを育てる気概がほしいですね。

    2022年7月8日12:49 AM 返信する