新しい水族館『神戸須磨シーワールド(仮称)』の建設現場にイルカのプール?まるい形の骨組みができてる

ライター:カオル

須磨海浜公園の「スマスイ」に代わる『神戸須磨シーワールド(仮称)』の建設現場を見てきました。


神戸市須磨区若宮町1-3-5

須磨海浜公園では、2024年3月のオープンを目指し水族館『神戸須磨シーワールド(仮称)』やホテルなどの建設工事が行われてます。

須磨海浜水族園の一帯が大型リゾートに。スマスイに併設する宿泊施設も。2024年3月にグランドオープン。「BE KOBE」モニュメントを須磨にも?

2019.09.13

公園内では、三角屋根の「スマスイ」(須磨海浜水族園)本館をのぞいた部分が工事エリアに。

赤線で囲われたエリアは、すでにリニューアルして開放されてます。

「須磨海浜公園」の西側「シーパル須磨」跡が、リニューアル。「松の木」も遊具になってる!?

2022.06.03

本館の西側の工事エリアに、「円筒状」の骨組みができあがってます。

このエリアは、「イルカ棟」の建設予定地。

見上げる高さですが、もしかして?と思ってイメージ図を確認してみると…

イルカがジャンプしているプールの形に、かなり近い気がします。

建物の3階くらいの位置に水面が来るイメージになってるので、間違いないんじゃないかと。

さらに西側の「魚類・アシカ・ペンギン棟」ができる予定のエリアでも、2階分くらいの骨組みが立ち上がってます。

2ヶ月前には、奥にある松の木のラインがしっかり見えてましたが、まもなく見えなくなりそうです。

新しい水族館『神戸須磨シーワールド(仮称)』の工事の様子を見てきた。工事エリアが拡大してクレーンも多数

2022.04.08

一番東側、以前「イルカライブ館」があったエリアは、工事エリアがヨットハーバーの管理棟のところまで広がりました。

オレンジのショベルカーが作業しているところには、背の高いヤシの木が生えてましたが、なくなってしまってます。

いよいよホテルの建設が、始まった模様。ここから1年9か月ほどで8階建てホテルが完成予定。

どんどん変化がありそうなので、また見に行ってみたいと思います。

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。