「須磨海浜公園」の西側「シーパル須磨」跡が、リニューアル。「松の木」も遊具になってる!?

ライター:カオル

「須磨海浜公園」のリニューアル工事の一部が完了し、「旧和田岬灯台」周辺が開放されてます。


神戸市須磨区須磨浦通1-1

新しい水族館やホテルの建設が進む「須磨海浜公園」。去年の春まで国民宿舎『シーパル須磨』が建っていた場所は、今年4月にさら地になってました。

去年までの様子や再整備の全体の情報は、以前の記事をご参考に。

「須磨海浜水族園」近くの国民宿舎『シーパル須磨』が3月末で閉館。再整備で、跡地は3000㎡の多目的広場に

2021.03.12

まさしく「シーパル須磨」が建っていた場所は「コミュニティ広場」になってます。感覚的には、少年サッカー用のコートが一面取れるくらいの広さかと。

山側には、自販機や手洗い場などがあります。

道路と接する部分にアスファルトの舗装がされているのは、夏の海水浴シーズンに「臨時駐車場」として利用するためと思われます。

「シーパル須磨」跡の東側は、松林の広がる公園。丸太や木材を組んだ「遊具」などが設置されてます。

木陰で休む「椅子」としても使えそうかな。

え?治療中?遊具?と一瞬悩むのが、こちら。

台形の枠組みに、松の木を取り込んでネットが貼られた「遊具」です。対象年齢「6歳~」としっかり書かれてました。

トランポリンのように弾力性があるわけではないので、歩いてみたり、ゴロゴロしたりのイメージかもしれません。

海岸沿いは「旧和田岬灯台」へ向けて、コンクリートで舗装されてます。

海岸の松は「西北の風」が強いため、枝が南東に向かい「磯馴れ松」と呼ばれ、古くから和歌にも詠まれてきたそう。

色味のせいでしょうか、松が斜めになってるのが、より強調されたような気も?

ちなみに、「旧和田岬灯台」の海側からの様子はこんな感じ。

フェンスはなくなりませんでしたね。松の保護など、理由があるのかもしれません。

今回リニューアルしたエリアの隣「2期工事エリア」が、新たに利用できなくなりました。

「2期」は2023年9月に完成予定で、一緒に「にぎわい施設」も開業する予定とのこと。

どんどん西側からでき上がって、「新水族館」などのオープンは2024年3月末。まだ少し先、でも楽しみです。

◆関連リンク
須磨再整備プロジェクト – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

3 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    近所の小中出身です。
    赤灯台を見ると、マラソン大会を思い出します。

    2022年6月13日6:27 PM 返信する
  • aa

    私が小さい頃はこの場所で幼稚園の運動会をやりました。
    よく砂浜でも遊んだし懐かしく思います。

    2022年6月5日7:19 PM 返信する
  • 匿名さん

    まだそこがグラウンド状の空き地だった頃です。1965.66年頃のことです。東京オリンピックのサッカーに触発されて中学生だった私たちはそこでボールを蹴っていました。懐かしいなぁ。

    2022年6月4日1:58 AM 返信する