六甲山で『スイスフェア』が始まるみたい。7/16-8/31 「ハイジ」の干し草ベッドやラクレットチーズが登場

ライター:エミ

「六甲ガーデンテラス」とその近くの「ROKKO森の音ミュージアム」「六甲高山植物園」で、「アルプスの少女ハイジ」がテーマのスイスフェアが開催されます。

六甲山スイスフェア ~アルプスの少女ハイジに囲まれて~

2021年7月16日(金)~8月31日(火)
六甲ガーデンテラス


神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

『スイスフェア』メイン会場となる六甲ガーデンテラスでは、「ハイジ」キャラクターパネルやフォトスポットを設置。「塗り絵セット」がもらえるスタンプラリーも行われます。

エリア内にできる「ポップアップショップ」ではハイジグッズの販売や、犬の「ヨーゼフ」のぬいぐるみが当たる「アルプスの少女ハイジくじ」が実施されるそう。


スイス風コルドンブルーアルペンマカロニ添え 2200円 ※サラダ・スープ・白パン・プチデザート・コーヒー付き


ツーガーキルシュトルテ 900円

ガーデンテラス内にある「グラニットカフェ」では、フェア期間限定メニューもいただけるとのこと。



「コルドンブルー」は「カツレツ」のようなもので、肉を薄く叩いてハムやチーズを包み、油で揚げた料理。「ツーガーキルシュトルテ」は、さくらんぼ酒を使ったスポンジを桜色のクリームで包んだスイーツです。


ローストビーフランチ~スイスの郷土料理 アルペンマカロニ添え~ 1600円 ※白パン・スープ・プチデザート付き

ガーデンテラス内のレストラン「六甲ビューパレス」でも限定メニューを販売。ついてくる「白パン」は、ハイジのアニメなどで見覚えのある人も多いんじゃないでしょうか。

六甲オルゴールミュージアムをリニューアルした「ROKKO森の音(ね)ミュージアム」では、「ハイジ」のキャラクターデザイン、作画監督を担当した小田部羊一氏による直筆原画を展示。

ミュージアム屋外にある「SIKIガーデン」には、ハイジでおなじみの「干し草のベッド」が登場するそう。記念撮影もできます。


ラクレットチーズプレート 1850円 

ミュージアム内「森のCafé」では、ライ麦パンや野菜などをとろけたスイス産「ラクレットチーズ」にからめて食べる「ラクレットチーズプレート」を販売。

数量限定だそうなので気になる方はぜひお早めにチェックしてみてください。

また、「六甲高山植物園」のカフェでも、ハイジのイラスト原画展示があるそうです。

開催時間
【六甲ガーデンテラス】9:30~21:00 ※店舗・天候・曜日により異なる
【ROKKO森の音ミュージアム・六甲高山植物園】10:00~17:00(16:30受付終了)

料金
【六甲ガーデンテラス】無料 ※一部有料施設あり
【ROKKO森の音ミュージアム】中学生以上 1300円 、4歳~小学生 600円
【六甲高山植物園】中学生以上 700円、4歳~小学生 350円

山の上ということもあって、より「アルプス」の雰囲気を感じられるかもしれませんね。

◆関連リンク
六甲山ポータルサイト – 公式サイト
アルプスの少女ハイジ – 公式サイト

 
エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • あかどんちやん

    アルプスの少女ハイジは視聴率が大変良かったですね。アルプスのやまにクララがきて、最後には歩けるあのシーンは最高⤴⤴の番組でしたね。続きが本当にみたいですね。

    2021年7月12日10:31 PM 返信する
  • 順さん

    是非行きたいなあ

    2021年7月12日6:16 AM 返信する