「森林植物園」で春の花が見頃に。ミツマタ&カタクリが開花を迎えたみたい。園内では「ガイドツアー」も開催

ライター:ユカコ

「神戸市立森林植物園」で、ミツマタ・カタクリなど、春の花が見頃を迎えているみたいです。


神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2

園内の森の中で咲き始めたのは、紙幣などの和紙の原料としても知られる「ミツマタ」と、春の妖精(スプリング・エフェメラル)のひとつにも数えられる「カタクリ」の花。


ミツマタ

枝が必ず3つに分かれていくことから、その名前がつけられた、落葉低木「ミツマタ」(三又)。

万葉集で柿本人麻呂が詠んだ「さきくさ(三枝・先草・幸草)」は、この花であるという説もあるそう。


カタクリ

多年草「カタクリ」は、古語「堅香子(かたかご)」の名で万葉集で詠まれたように、古くから親しまれる花です。

開花は3月中旬から4月上旬ごろまでで、姿を現すのは4~5週間ほど。命の儚さから「春の妖精」とも呼ばれています。

園内では、森林の中をめぐってサンシュユ・フキノトウ・ミツマタの花や、オタマジャクシ・セトウチサンショウウオの卵などを見つける「ガイドツアー」も開催される予定です。

春が来た!子どものための森林ガイドツアー
【日時】2021年3月20日(土)27日(土)10:30~12:00/13:30~15:00
【集合場所】森林展示館北側入口 ※小雨決行
【参加費】無料
【対象】小学生 ※幼児の参加は必ず保護者同伴となります
【定員】20名

入園料
大人 300円/小・中学生 150円

休園日
水曜日(休日と重なった場合は翌日)

問い合わせ
神戸市立森林植物園 TEL : 078-591-0253

「カタクリ」は、陽が当たったときだけに開く花とのことですので、お天気の良い日を狙ってどうぞ。

「神戸市立森林植物園」では、春をテーマにしたイベントに参加できる『春来祭』も開催中です↓↓↓

「春」を感じるイベントに参加できる『春来祭』2/6-3/28 神戸市立森林植物園 ガイドつき散策会&ワークショップも

2021.02.05

◆関連リンク
神戸市立森林植物園 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。