阪急 岡本駅の海側「岡本商店街」に『門藤(かどふじ)』って「わらび餅ドリンク」と「本わらび餅」のお店ができてる

ライター:ユカコ

岡本商店街に『門藤(かどふじ)』って「わらび餅ドリンク」と「本わらび餅」のお店ができてました。


神戸市東灘区岡本1-6-3

西に進み2つ目の角を右に曲がって、そのまま徒歩3分ほどで「阪急 岡本駅」です。向かいに、食パン専門店「嵜本(さきもと)」跡にできた「みらい接骨院/鍼灸院」があります。

阪急「岡本駅」海側の高級食パン専門店 『嵜本(さきもと)』が閉店。もっちりフカフカ食パンが人気だったお店

2021.01.19

東に行くと、すぐ先にインド料理店「インドダイニング ガネーシャ(旧店名 : ナマステ ガネーシャ マハル)」があります。もう少し進むと、カフェ「マヒシャ」があるあたり。

阪急岡本駅とJR摂津本山駅の間に『ナマステ ガネーシャ マハル』ってインド&ネパール料理のお店ができてる

2020.09.17

『わらび餅専門店 門藤(かどふじ)岡本店』は、わらび餅ドリンク・本わらび餅をテイクアウトできるお店です。姫路にも店舗があります。

 

 

目印になるのは、紫色の和な雰囲気の外観。この日は平日でしたが、外に並んでる人もいました。

わらび餅ドリンクは、焙じ茶(700円)/抹茶(700円)/コーヒー(750円)/いちご(750円)の4種類。

こちらの「いちごラテ」は、濃縮ミルクをベースに、いちご・いちごジュレ・わらび餅がブレンドされてるそうです。

本わらび餅「小筥ぜいみ」(各500円)は、ふくゆたか(通常のきな粉)/ふかいり(炒ったもの)/黒ごまの3種類。3種類がセットになった「筥ぜいみ」(1500円)もあります。

スイーツ感覚でも楽しめるわらび餅ドリンクで、夏の暑い日もひんやりできそうですね。本わらび餅は、手土産としても喜ばれるんじゃないでしょうか。

わらび餅ドリンクのお店といえば、神戸BALの近くに「とろり天使のわらびもち」もできてます↓↓↓

神戸BALの近くに「わらびもちドリンク」が主役のテイクアウト専門店『とろり天使のわらびもち』ができてる。店舗限定スイーツも

2021.05.31

【店舗名】わらび餅専門店 門藤 岡本店
【ジャンル】和菓子
【住所】神戸市東灘区岡本1-6-3
【電話番号】078-219-6042
【営業時間】10:00〜18:00
【定休日】
【リンク】Instagram / 食べログ
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 三草

    門藤さん、某知らない世界を見てたときに見覚えがあったのですが、神戸ジャーナルで見てたのですね。
    気になってきたので今度行ってきます

    2021年10月26日10:08 PM 返信する
  • 和風

    夏はやっぱりわらび餅。
    わらび餅が飲み物になるなんて!
    この夏の楽しみができました。

    2021年8月11日11:27 AM 返信する