約1万本のチューリップを楽しめる『2022冬咲きチューリップショー』洲本市民広場

ライター:ユカコ

淡路島にある「洲本市民広場」でチューリップを楽しめる『2022冬咲きチューリップショー』が始まります。

2022冬咲きチューリップショー

2022年1月15日(土)〜2月中下旬 ※天候により開花が前後する場合があります
洲本市民広場 ※その他淡路県民局や島内3市の庁舎などにも一部展示


兵庫県洲本市塩屋1-1-17

「淡路花祭」の一環として、温暖な気候を活かして真冬にチューリップを咲かせ、スイセンとともに、花の島「淡路島」をアピールする恒例のイベント。

今年の『冬咲きチューリップショー』では、5品種・約1万本のチューリップが展示されるみたいです。

1月15日(土)には、オープニングイベントとして、洲本こども園園児の鼓隊演奏や、来賓などによるテープカット、園児によるバルーンリリースも行われます。

オープニングイベント
【日時】2022年1月15日(土)11:00~11:40ごろ

 

 

オープニングイベント終了後、13時ごろまでは、スイーツプレゼント/産直野菜販売/竹細工教室(竹笛作り・竹馬体験)といったイベントも開催予定。

当日は、先着100名に「スイセンの切花&花の種」が、子どもたちには「風船」がプレゼントされるそうです。

「冬咲きチューリップ」は、冬の間に花を楽しめるように、オランダから輸入した球根を植えつけたもの。

淡路島の気候では、1月中旬ごろから約1ヶ月ほど開花を楽しめるそうですので、期間中にいかがでしょうか。

◆関連リンク
淡路島くにうみ協会 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。