ドキッとする『兵庫県 津波一斉避難訓練』11月5日(木)10時02分に「緊急速報メール」 マナーモードでも携帯が鳴る

ライター:カオル

大地震が起こった時に「津波の被害」が予想される地域で、「緊急速報メール」が一斉に送られる訓練が行われます。

令和2年度 兵庫県津波一斉避難訓練

2020年11月5日(木)10:00~
神戸市含む兵庫県内15市3町

11月5日は「世界津波の日」で、防災意識を高めるため、毎年この時期に行われている訓練です。

訓練スケジュール
10:00 市内全ての防災行政無線で「訓練・緊急地震速報」を放送
10:02 兵庫県から緊急速報メール「訓練・大津波警報に伴う避難指示」配信

訓練は被害予想の自治体単位で行われるので、神戸市も沿岸部だけでなく「市内にいる人全員」にメールが来ます。マナーモードにしてても、大きな警報音が鳴るのでどうしても音が鳴ったら困る場合は、携帯の電源を切るしかありません。

訓練の対象エリアは、兵庫県内の海に面した自治体で、メール以外にも避難訓練や防潮鉄扉の閉鎖訓練、「危機管理システム」を使った情報共有なども行って災害時にどう動くかを再確認するそうです。

実施エリア
神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、明石市、加古川市、高砂市、播磨町、姫路市、相生市、たつの市、赤穂市、洲本市、淡路市、南あわじ市、豊岡市、香美町、新温泉町


兵庫県「津波浸水想定図」より(神戸東部)

神戸で津波の被害が予想されるのは「南海トラフ地震」が起きた時、兵庫県の想定では最大で2~3m(オレンジ色の部分)

ネットで県のハザードマップを見たり、スマホで今自分がいる場所はどうなのか?調べるサイトもあったりします。

神戸市が現在地の最大津波浸水深がわかるスマートフォン向けウェブサービス『ココクル?』をリリースしたようです。

2014.05.07

抜き打ちで突然やるって方法もあると思いますが、訓練を前に避難経路を改めて考えたり、家族とどう連絡とるかやり取りしておくのが大事なのかもしれません。

◆関連リンク
兵庫県CGハザードマップ – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。