神戸市発案の『てまえどり』が「2022ユーキャン新語・流行語大賞」を受賞したみたい

ライター:やよい

神戸市発案の『てまえどり』が「2022ユーキャン新語・流行語大賞」を受賞したみたいです。

『てまえどり』とは、日々の買い物で買ってすぐに食べる場合に、商品棚の手前にある商品を積極的に選ぶ食品ロス削減のための購買行動です。

神戸市ではこの『てまえどり』の啓発に2018年から取り組んでいて、現在では全国に取り組みが広がってます。

受賞内容
「現代用語の基礎知識」選2022ユーキャン新語・流行語大賞(トップ10)

受賞語
てまえどり

受賞者
・神戸市
・コープこうべ
・一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
・農林水産省・消費者庁・環境省

神戸市では『てまえどり』の啓発キャンペーンを2018年10月に開始しました。

これまでにコープこうべ、イオン、ダイエー、トーホーストア、神戸市小売市場連合会、セブン-イレブン、ローソン、マルアイと連携し、市内店舗での啓発が行われてます。

今回の受賞をきっかけにして、『てまえどり』の取り組みがさらに広まっていくんじゃないでしょうか。

◆関連リンク
「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞 – 公式サイト

 
やよい
ライター:やよい
「推し」のライブによく出没します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。