10月29日(金)、神戸港の新港エリアに次世代水族館『アトア(átoa)』がいよいよオープン。アートと融合した「劇場型アクアリウム」が楽しめる

ライター:ふうか

10月29日(金)神戸港の新港エリアに、次世代水族館『アトア(átoa)』がいよいよオープンします。


神戸市中央区新港町7-2

アトアは、アミューズメント施設『神戸ポートミュージアム』の2階~4階を占めるメイン施設。

神戸港の新港エリアに『神戸ポートミュージアム』がついにオープン。10月29日(金)水族館やフードホールなど

2021.09.28

「アート」や「舞台美術」を駆使した空間演出がされていて、独創的な世界観を楽しめるそうです。

8つに分けられた各ゾーンには、ゾーンテーマを象徴した「シンボル水槽」のほか、約60基の水槽が設置されています。


日本最大級・世界屈指の規模の球体水槽「AQUA TERRA」


変化・成長するテラリウム「Evergreen」


atoa最大の海水水槽「Mega Cylinder」

館内については、こちらの記事をどうぞ。

新港第1突堤に水族館『átoa(アトア)』ができてる。アート&いきものたちが融合。10月29日オープン

2021.08.08



魚類のほか、無脊椎動物・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類など「約100種類3,000点」の、多様ないきものたちと出会うことができます。

「コツメカワウソ」や「フンボルトペンギン」など、水辺で生活するいきものたちも迎えているみたいです。

10月29日(金)オープンの水族館『AQUARUM×ART átoa』に「コツメカワウソ」と「フンボルトペンギン」がやってくるみたい

2021.10.07

特徴的な「劇場型アクアリウム」を体験できるフロアもあります。

日本の和の空間を演出した「MIYABI」では、光の切り絵作家・酒井敦美氏によるオリジナルプログラムが用意されており、「切り絵作品」を楽しむことができるそう。

宇宙空間を表現した「PLANETS」では、レーザーとミストによる演出を楽しめます。

アバター「アンモーン長老」と会話を楽しめる『ATOAChater』など、さまざまなエンタメ要素・アート作品が館内に施されているそうです。

館内のカフェには、写真映えしそうなデザインのメニューが並びます。

なかでも、写真のように「カワウソ」をモチーフにしたメニューは、食べるのが惜しくなるような見た目。

1階のミュージアムショップでは「ぬいぐるみ」や、神戸らしいグッズも購入できるみたいです。

アトアは「日時予約制」として、公式ホームページからチケットを購入することがすすめられています。現地で購入もできるみたいですが、事前にチケット購入・来館予約をした方がスムーズに入館できるそうです。

開館について
オープン日】2021年10月29日(金)
時間】10:00~21:00(10月29日は11:00~21:00)

料金
大人(中学生以上)2400円/子ども(小学生)1400円/幼児(3歳以上)800円/幼児(3歳未満)無料

予約
公式ホームページから

今までにない、ちょっと変わった水族館が楽しめそうです。

アトアのすぐ海側にある「神戸みなと温泉 蓮(れん)」との『入館セット券』も発売されていますよ。

劇場型アクアリウム「átoa(アトア)」入館券&「神戸みなと温泉 蓮(れん)」利用券がセットの『入館セット券』が発売されてる

2021.10.03

◆関連リンク
átoa – 公式サイト
神戸ポートミュージアム – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。