ポーアイ初のボルダリング施設で「キッズクライミングスクール」を開始 9/4 ビジョンパーク みちびクライミングウォール

ライター:カズマ

神戸ポートアイランドにある「ビジョンパーク みちびクライミングウォール」で9月4日(火)からキッズクライミングスクールが開始されるそうです。


神戸市中央区港島南町2-1-8

「ビジョンパーク みちびクライミングウォール」は、「登る人を次々に光るホールドと音でゴールまでみちびく」というコンセプトの、全く新しい室内クライミングのためのホールドのシステムです。

登録されたルートのホールドが順番に明るく点灯。正しいホールドを持つことができたら、荷重センサーにより音が鳴るとともに次のホールドが点灯。ゴールのホールドは、点滅によって知ることができます。

「もっと直観的に、もっと多くの人が、もっと身近に、クライミングの世界を楽しむことができるように」という想いから生まれた、この「みちびクライミング」は、世代や障害の有無などを越えた、多様な人のこころとからだの健康増進をみちびくことができ、「神戸アイセンター」内のビジョンパークに国内初導入されました。

キッズクライミングスクール
【開催期間】6ヶ月(毎月基本4回、半年間で24回開催保証)
【コース】毎週火曜日コース/毎週水曜日コース ※各コース定員4名
【開催時間】17:00~18:00(スクール終了後、19:00までは自由に登っていただけます。)
【対象】小学1年生〜6年生
【費用】保険料等4,000円、 月謝8,000円
※視覚障害などがある場合でも参加可能です。事前にご連絡ください。
【申し込み】Eメールにて受付:info.michibi@gmail.com

キッズクライミングスクールは、スクールを通して楽しくクライミングの基礎を身につけ、自立したクライマーになることを目的としています。また、クライミングを通じて以下を大切にしていくスクールです。

カラダづくり
昔の子どもたちは木登りをして身のこなし方を自然と身につけました。現代の子どもたちは、遊ぶ環境が足りていないと言われています。クライミングは全身運動のスポーツです。楽しく、一生懸命クライミングをする過程で、身体に自然と刺激を与え、カラダづくりをしていきます。

仲間づくり
キッズスクールでは、異年齢の子どもたちのペアワークや、グループワークを大切にし、お互いに応援したり、工夫し合ったり、伝え合うことを大切にしていきます。

考える癖づくり
クライミングは身体だけではなく、頭を使った工夫が必要なスポーツです!一方的にインストラクターが教えるだけではなく、自分で考える力をクライミングやプログラム中のゲームで育んでいきます。また、誰かと競争するのではなく、個々に課題をもって向き合うことを大切にします。

諦めない気持ちづくり
「登りたいのに、登れない!」そんな時、最後は「絶対できる!」「できるまで何度だって挑戦する!」そんな諦めない気持ちが芽生えていきます。 「あきらめない気持ち」はクライミングだけではなく、日常や将来大人になっても生きてくる力です。クライミングの経験を通して、諦めない気持ちを育んでいきます。

◆関連リンク
ビジョンパーク みちびクライミングウォール – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長