神戸市でLRT・BRT導入を検討してるみたい。軽量軌道交通(LRT)とバス高速輸送システム(BRT)

ライター:カズマ

LRT
神戸市が、「新たな交通手段」として『軽量軌道交通(LRT)』や『バス高速輸送システム(BRT)』の導入可能性を検討しているそうです。


そのため、運行ルートの素案などのコンセプト提案を募集すると発表しました。対象は、鉄道やバスの運営を行っている民間事業者などで、9月16日から募集を始めるんだとか。


募集の内容は、神戸市全域を対象としたLRTやBRTの運行ルート素案や、「期待される効果」などのコンセプト提案で、市はLRTやBRTの導入可能性について「民間事業者の運営ノウハウを活用した検討」を進めるとしており、今回のコンセプト提案募集は、事業計画のアイデアについて検討する事業者を選ぶために行うそうです。


そもそも、『軽量軌道交通(LRT)』や『バス高速輸送システム(BRT)』ってのはどんなもんやって解説なんですが、要はチンチン電車みたいな電車とそのバスバージョンってところでしょうか。


軽量軌道交通(LRT)

LRT

「LRT」とは、「Light Rail Transit」の略で、低床式車両(LRV)の活用や軌道・電停の改良による乗降の容易性、定時性、速達性、快適性などの面で優れた特徴を有する次世代の軌道系交通システムのことです。


んん~要はチンチン電車だと思うんですが。車が増加して人の移動も多くなっている現状では、メインとして使うには輸送量の関係で難しいところですが、機動的に「街の電車」で利用するって観点からは改めてチンチン電車が評価されているってことだと思います。


日本にも近い性質のものはあるようですが、まさにコレってのはないように思います。


バス高速輸送システム(BRT)

バス
「BRT」とは、「Bus Rapid Transit」の略で、連接バス、PTPS(公共車両優先システム)、バスレーン等を組み合わせることで、速達性・定時性の確保や輸送能力の増大が可能となる高次の機能を備えたバスシステムです。


こちらは、日本でもそれなりにあったりしまして、最近では、東日本大震災で被災した電車区間を「BRT」にして再開したって事例があります。



どちらのパターンにしても、 導入されれば、神戸での活動がとっても機動的になりますし、駅から歩く時間も減ったり、車だったら駐車場を探す手間も省けます。何より旅行とかで神戸に来た人にとってはとっても便利。神戸人にとっても行動範囲が拡がる可能性がある乗り物だと思います。


こんなんできたらいいなぁとめっちゃ思います!!



カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。

1 個のコメントコメントを残す
  • 元須磨区民

    今の海岸線をLRTにすべきだったんですよね…無理して地下鉄にしちゃうから。
    三宮から灘方面にはありかもしれませんが、地下鉄からの乗り換えは不便です。三宮を中心としたLRTであればよかったのですが…
    それってまあ、今は亡き市電なんですが(笑)
    今更のLRT導入は難しいのでは…

    2014年9月3日5:58 PM 返信する