【最新版】意外と穴場?「カフェ利用」ができるホテル 5選

「人混みを避けてゆっくりできるカフェってどうやって見つけたらいいの?」そんなことを思うときってありますよね。

そんなときは、ホテルのカフェを選択肢に加えても、いいかもしれません。三宮やその周辺に、カフェを併設したホテルが増えています。

「すでに利用してるよ!」という人もいるかもしれません。ただ泊まるだけじゃない、宿泊客以外も「カフェ」として利用できるホテルを紹介します。

もくじ
● 【三宮】ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮
● 【三宮】ホテルSUI 神戸三宮 byABEST なごみの湯
● 【元町】天然温泉 浪漫湯 ドーミーイン神戸元町
● 【ハーバー】神戸ホテルジュラク
● 【ポーアイ】センチュリオンホテル&スパヴィンテージ神戸

【三宮】ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮

ドン・キホーテ三宮店の目の前にある「ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮」は、2021年1月にオープンしたホテル。帆船の帆(キャンバス)をイメージした外観が特徴です。

1階にある『CANVASラウンジ』は、宿泊者以外も立ち寄れます。CANVASラウンジの店内は、ガラス張りで開放的な空間となっています。テラス席も利用できるようです。

ここでは、コーヒー、神戸の紅茶専門・ラクシュミーの「極上はちみつ紅茶®」や「フルーツティー」などを楽しめます。

18:00からのバータイムは、「クラフトビール」や「灘の日本酒」などが提供されるみたい。

フルーツがたくさん入ったフルーツティーは、見た目も楽しめそうです。開放的なラウンジなので、ホテルでも店内に入りやすいかも。

住所
神戸市中央区下山手通2-3-1【MAP

営業時間(カフェ&バー利用)
11:00~24:00(23:00L.O)

価格帯
・コーヒー500円~
・紅茶800円~

◆関連リンク
ザ ロイヤルパークキャンバス 神戸三宮 – 公式サイト

【三宮】ホテルSUI 神戸三宮 byABEST なごみの湯


画像:公式Instagramより

2021年4月にオープンした「ホテルSUI 神戸三宮 byABEST なごみの湯」は、三宮の東門街にあります。三宮の生田神社から少し上ったところです。

ホテルの大浴場では、季節に合わせてお湯が替わる「四季の湯」も楽しめます。

1階にあるのが、だれでも利用できるCafe & Bar。こちらのホテルも、テラス席があるみたいです。

店内では、コーヒーや生ビールなどのアルコール類を楽しめます。営業時間が長いので、時間を気にせずに入店できそうですね。

住所
神戸市中央区中山手通2-1-20【MAP

営業時間(カフェ&バー利用)
10:00~26:00

価格帯
・コーヒー500円~

◆関連リンク
ホテルSUI神戸三宮 by ABEST – 公式サイト

【元町】天然温泉 浪漫湯 ドーミーイン神戸元町

南京町の南側の入口「海榮門」にある「天然温泉 浪漫湯 ドーミーイン神戸元町」は、2021年2月にオープンしました。

こちらの1階にある『Cafe OASIS』は、カフェタイム中、宿泊客以外にも開放して営業しています。

日替わりスイーツと、コーヒーやデトックスウォーターなど25種類のドリンクを楽しめる「90分の時間制」となっているようです。

南京町にあるホテルなので、食べ歩きやショッピングの合間に、気軽に利用できそう。フリードリンクなのも嬉しいですね。

住所
神戸市中央区栄町通2-5-1【MAP

営業時間
12:00〜19:00(最終入店17:30)

価格帯
【90分制】大人:800円/4才〜小学生:400円/3才以下:無料

◆関連リンク
天然温泉 浪漫湯 ドーミーイン神戸元町 – 公式サイト

【ハーバー】神戸ホテルジュラク

神戸駅から徒歩3分のところにある「神戸ホテルジュラク」の1階に、『cafe estudio(カフェ・エストゥディオ)』があります。こちらは、2021年4月にオープンしています。

コーヒーやアルコールなどのドリンクのほか、ハンバーガーやサンドウィッチなどもあるので、がっつりランチとしても利用できそうです。

ラテの種類や、ジュース・アルコールの種類も豊富。駅近なのもうれしいポイントですね。

住所
神戸市中央区東川崎町1-1-1【MAP

営業時間
10:00~20:00

価格帯
・コーヒー300円~
・紅茶280円~

◆関連リンク
神戸ホテルジュラク – 公式サイト

【ポーアイ】センチュリオンホテル&スパヴィンテージ神戸


画像:Instagramより(@sauna_tetsujin

2020年7月にオープンした「センチュリオンホテル&スパヴィンテージ神戸」の最上階9階に、カフェ&バーダイニング『1932』があります。

ポートアイランドの中公園駅から、西に徒歩6分ほどのところがホテルです。


画像:Instagramより(@takkan1041

ランチタイムは、カレーやハンバーガー・スイーツなど、メニューも充実しています。

レストランはハーバーランド側にあるので、景色も格別。夜の時間帯は、夜景も楽しめそうです。

景色がいいので、デートで利用するのもよさそうですね。

住所
神戸市中央区港島1-1-6【MAP

営業時間(カフェ利用)
10:30~16:30(16:00L.O)

価格帯
・コーヒー385円~
・紅茶550円~

◆関連リンク
センチュリオンホテル&スパ ヴィンテージ神戸 – 公式サイト


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「パン」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。