夏休みに、触って・見て・学べるリアルな恐竜パペットショー『恐竜どうぶつ園』8/23-24 神戸国際会館

ライター:ビッグブリッジ

恐竜界の人気を二分するティラノサウルス・トリケラトプスが登場する「恐竜どうぶつ園」の日本ツアーが神戸にもやってきます。

恐竜どうぶつ園 ティラノサウルス×トリケラトプスの戦い?!

2018年8月23日(木)~24日(金)全4回公演
神戸国際会館こくさいホール


神戸市中央区御幸通8-1-6

2016年、2017年に引き続き、3回目の来日となる今年のツアーは、栃木・群馬・茨城・静岡・三重・島根の初上陸6都市を含んだ、全19都市を約2ヵ月かけてまわります。

「恐竜どうぶつ園」は、大型パペットを用いたファミリー向けの恐竜ショーです。少し前のものですが動画で見ると分かりやすいと思います。

本作は、オーストラリアで誕生し、イギリス、アメリカ、中国など世界各地で上演されています。日本には2016年に初上陸し、2017年に2度目の来日を迎え、2年間で15万人を動員しました。

オーストラリアからやってきたキャストが操る本物そっくりの恐竜たちが、舞台上で、時には客席で躍動します。歴史や特徴などの説明もあり、大昔にどんな恐竜がいたのか、「見て・触って・聞いて」、大昔にタイムスリップしたような空間で、楽しく学べるパフォーマンスショーです。

昨年登場の肉食恐竜「ティラノサウルス」に加え、今年は大人気草食恐竜「トリケラトプス」が初登場です。

肉食恐竜のなかでも特に体が大きく、狂暴で最強の「恐竜の王」ティラノサウルスと、3本の大きな角と盾のように大きく張り出した頭部をもつ草食動物最大級の角竜であるトリケラトプス。

恐竜界の人気を二分するこの2体の恐竜による、迫力あるバトルがみられるかもしれません。

ロビーでは、終演後に、ショーに出演した恐竜たちに触れるコーナーがあり、一緒に写真撮影することもできます。様々な恐竜のレプリカや化石を見て、触れる「ミニ恐竜展」の展示もあります。毎年人気の物販コーナーでは、今年も、公演オリジナルグッズをはじめ、さまざまな恐竜グッズを販売予定です。

また、日本公式ホームページではオリジナル塗り絵を印刷することができ、完成した塗り絵をInstagramから応募できる「恐竜ぬりえコンテスト」も開催されます。オーストラリアからやってきたカンパニーメンバーによって選ばれた入賞作品はツアー期間中ロビーに展示されます。さらに、入賞者には、恐竜どうぶつ園オリジナルグッズを会場でプレゼント。

上演日程
2018年8月23日(木)13:00/15:30
2018年8月24日(金)11:00/13:30

上演時間
60分(休憩なし)日本語公演

入場料(税込)
全席指定 3,000円

年齢制限
3歳以上有料、2歳以下膝上鑑賞無料。但し、座席が必要な場合有料。

チケット発売
神戸国際会館プレイガイド(TEL : 078-230-3300)
チケットぴあ(TEL : 0570-02-9999)
ローソンチケット(TEL : 0570-084-005)
CNプレイガイド(TEL : 0570-08-9999)
イープラス
楽天チケット

※終演後、ロビーにて一部恐竜たちと触れ合えます。写真撮影も可能です。

◆関連リンク
恐竜どうぶつ園 – 公式サイト

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長