【最新版】2022年ニューオープン!神戸にできた「ラーメン屋さん」8店をまとめてみた

ライター:ふうか

2022年も半ばに差し掛かろうしていますね。今年も神戸にはたくさんの「ラーメン屋さん」が新しくオープンしています!

ラーメン好きなら、新店舗は見逃せません。

今回は三宮・元町周辺から、西区~東灘区まで幅広く、神戸に新規オープンした「ラーメン屋さん」をご紹介します。

もくじ
●【中央区】くそオヤジ最後のひとふり
●【中央区】手包みワンタン専門店 沙県製麺(サーシェンセイメン)
●【西区】なやんだらここ
●【西区】からみそラーメンふくろう食堂
●【兵庫区】麺処 㐂りん(きりん)
●【須磨区】神戸ラーメン 第一旭
●【須磨区】ラー麺ずんどう屋 神戸須磨店
●【長田区】弘雅流製麺支店 麺 favori

【中央区】くそオヤジ最後のひとふり

「ミント神戸」地下1階の飲食店フロアにオープンした『くそオヤジ最後のひとふり』は、大阪を中心に展開されている「貝出汁」専門のラーメン店です。

名物は「貝出汁」の風味を楽しめる、しじみ/あさり/はまぐり 3種類のラーメン。

店内は、窓際・厨房側それぞれを向いているカウンター席がメインとなっています。


画像:Instagramより(@rnmt_k

人気No.1のラーメンは、濃口と淡口の醤油がブレンドされた「あさりらーめん」なんだとか。

大阪では行列もできるようなお店の「神戸初出店」ということで、気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

オープン日:3月28日

「ミント神戸」の地下にできたラーメン店『くそオヤジ最後のひとふり』の様子を見てきた。ピークを外せば並ばずに入れそう

2022.04.13

【中央区】手包みワンタン専門店 沙県製麺(サーシェンセイメン)

三宮のドンキ近くにできた『沙県製麺(サーシェンセイメン)』は、ちょっと珍しい「手包みワンタン」の専門店です。

以前は「リンガーハット 神戸三宮店」があったところ。

いわゆる「ラーメン屋さん」ではありませんが、専門店の「ワンタン麺」を味わうことができます。

定番「ワンタン麺(850円)」や「手作りワンタン(780円)」のほか、あまり馴染みのない「焼きワンタン(580円)」なども。

「ワンタン」が主役のメニューのほかにも、唐揚げ・エビチリ・蒸し鶏などの一品や、麻婆ご飯、ルーローハンなども提供されています。

オープン日:1月20日

三宮のドンキ近くに「手包みワンタン」専門店『沙県製麺(サーシェンセイメン)』ができてる。リンガーハットがあった場所

2022.01.31

【西区】なやんだらここ

西区の「枝吉」という交差点のすぐそばにある『なやんだらここ』は、「塩ラーメン」推しのラーメン店です。

無添加・無化調のスープと自家製麺がこだわりなんだそう。


画像:公式Instagramより

こちらは、「九条ネギまみれラーメン」。塩 or 醤油が選べるようになっています。

ほかにも「坦々まぜそば」や、「昆布水のつけ麺」というちょっと珍しいメニューも。

駐車場もたくさん用意されているみたいなので、近くの人はもちろん、ちょっと足を延ばしてみてもいいかもしれませんね。

オープン日:3月26日

西区枝吉に『なやんだらここ』っていうラーメン屋さんができてる。「昆布水のつけ麺」が珍しい

2022.04.19

【西区】からみそラーメンふくろう食堂

西区の福吉台にある『からみそラーメン ふくろう食堂』は、山形の「からみそラーメン」をベースに、独自アレンジを加えたラーメンが楽しめるお店です。

名古屋に本店を構えていて、今回は兵庫県「初出店」なんだとか。

魚介の出汁が効いたみそベースのスープに「からみそ」を少しずつ溶かしながら食べるのが特徴。

本店は「からみそラーメンふくろう」ですが、福吉台にできたのは『からみそラーメン ふくろう食堂』。

違いとしては、お子さんや年配の人にも楽しめるよう、ラーメン以外のサイドメニューをプラスしているそうです。

兵庫県内ではここでしか食べられないので、ラーメン好きな人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

オープン日:2021年12月17日

西区「靴のヒラキ 」の近くに『からみそラーメンふくろう食堂』ができてる。兵庫県初出店のラーメン店

2022.01.18

【兵庫区】麺処 㐂りん(きりん)

和田岬・ノエビアスタジアム神戸の近くにある『麺処 㐂りん(きりん)』は、太麺の「醤油ラーメン」などが味わえるラーメン店です。

「神戸牛骨醤油」「特製醤油」「塩」の3種類が用意されていて、それぞれ「麺の太さ」も違うんだとか。


画像:公式Instagramより

お店の名前を冠しているのが「太麺」の「牛骨醤油ラーメン(800円)」。コクとキレの濃厚さが特徴なんだそうです。

カエシ、アブラ、麺の量を選ぶことができるみたいなので、自分の好みに合わせてアレンジできますね。

店頭には「冷凍ラーメン」の自動販売機も設置されているので、家で本格ラーメンを楽しむのもいいかもしれません。

オープン日:1月26日

和田岬に『麺処 㐂りん(きりん)』ができてる。太麺の牛骨醤油ラーメン。店前にはラーメンの自販機も

2022.02.03

【須磨区】神戸ラーメン 第一旭

板宿駅の山側、商店街の西側にできた『神戸ラーメン 第一旭』は、昔ながらの「醤油らーめん」が味わえるお店です。

三宮や元町、神戸駅の近くなどに数店舗あり、今回須磨区には初出店となります。

ラーメンは1杯600円~。定番・醤油らーめんのほか、トマトや塩、味噌などもラインナップしています。

ランチや夜のセットもお得ですが、気になるのは「ワンコインタイムサービス」。

もともと500円の生ビールに、実質無料で「餃子」か「豚足」か「チャーシュー」をつけてもらえるセットです。どれも300円くらいお得。

ちょっと早めの一杯という利用もアリかもしれません。

オープン日:2月1日

板宿駅の山側に神戸ラーメン『第一旭』ができてる。気になるワンコインのタイムサービスも

2022.02.27

【須磨区】ラー麺ずんどう屋 神戸須磨店

「JR 鷹取駅」から5分ほど、須磨区大田町にオープンした『ラー麺ずんどう屋』は、姫路発祥の「背脂系濃厚とんこつらーめん」が味わえるお店です。

2022年1月に閉店した「丸醤屋」というラーメン屋さんの跡地にあります。


画像:公式Instagramより

『ずんどう屋』といえば、水と豚骨だけを約20時間かけて炊き上げた「濃厚豚骨スープ」と、無料で食べ放題の「高菜」。

定番「元味らーめん」のほか、ピリ辛「元味HOTらーめん」やあっさり魚介&豚骨「和風らーめん」なんかも用意されています。

平日の14時近くでも、店の外や車の中で待っている人もいて、かなり人気があるみたいですよ。

オープン日:2月11日

JR鷹取駅から徒歩5分のところに『ラー麺ずんどう屋 神戸須磨店』ができてる。同じくラーメン店「丸醤屋」の跡地

2022.02.18

【長田区】弘雅流製麺支店 麺 favori

新長田駅の西側にある『弘雅流製麺支店 麺 favori』は、住吉に姉妹店があるラーメン屋さんです。鉄人からもすぐのところ。

もう少し国道2号線に近い「アスタプラザウエスト」の1階に『弘雅流製麺』がありましたが、こちらへ移転されたみたい。


画像:Instagramより(@marchan0320

お昼のメニューには「白湯らーめん こってり(750円)」や「塩らーめん(750円)「醤油らーめん(750円)」のほか、「あっさりつけ麺(850円)」などがラインナップ。

ラーメンには、鶏チャーシューと豚モモ肉、2種類のチャーシューが乗っています。

「自家製麺」のファンも多いみたいですよ。

オープン日:2月11日

新長田駅の西側に、ラーメン『弘雅流製麺支店 麺 favori』ができてる。クロワッサン専門店のすぐ横

2022.03.06

いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「パン」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。