六甲高山植物園で約6,000株の『クリンソウ』が見頃になってる。一面「ピンク色の絨毯」のような風景に

六甲高山植物園で、約6,000株(300平方メートル)の『クリンソウ』が見頃になってます。


神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

『クリンソウ』は、谷間のほとりや山地の湿地に生える多年草で、日本に産するサクラソウ属の中では最大のものです。

1本の花茎に2cm前後の花を輪状に付け、この輪が何段にも咲きあがっていく姿が仏塔の九輪を思わせるところから「クリンソウ」という和名が付けられています。

兵庫県では年々自生地が少なくなっており、兵庫県の絶滅危惧種に指定されているそうです。

見頃の時期は、一面ピンク色の絨毯のような美しい風景に。5月末まで楽しめる見込みです。

開園期間
開園中~11月24日(日)

開園時間
10:00~17:00(16:30受付終了)

入園料
大人(中学生以上)900円/小人(4歳~小学生)450円

駐車場
1,000円 ※8月10日(土)~15日(木):2,000円

『クリンソウ』のほかにも、エーデルワイスや、コマクサ、マイヅルソウなどの花も見頃になっているので、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

◆関連リンク
六甲高山植物園 – 公式サイト

 

この記事を書いた人

神戸ジャーナル編集部

ライター一覧

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。