「ROKKO森の音ミュージアム」で、SIKIガーデンの『バラ』が見頃を迎えるみたい

六甲山の「ROKKO森の音ミュージアム」(旧・六甲オルゴールミュージアム)で、「SIKIガーデン~音の散策路~」に咲くバラが見頃を迎えるようです。


神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

「ROKKO森の音ミュージアム」で咲くバラは、2020年11月に閉園した「六甲山カンツリーハウス」(現:六甲山アスレチックパークGREENIA)が管理運営していた「バラの小径 ローズウオーク」から移植されたんだそう。

6月中旬~7月中旬にかけて、いろんな品種のバラが見頃を迎えます。

標高約850mにある「ROKKO森の音ミュージアム」は、神戸の市街地に比べて年間の平均気温が5~6℃低いので、1ヶ月ほど遅く咲き始めることも特徴みたい。

また、ミュージアム内ではコンサートなどのイベントも開催中です。


演奏家のいないアーリーサマーコンサート

アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器が、初夏の訪れを感じさせる楽曲を演奏します。

【開催期間】2022年5月13日(金)~7月15日(金)
【開始時間】毎時00分~(各回 約30分間)
【曲目例】南国のバラ(ヨハン・シュトラウス2世作曲)/映画『雨に唄えば』より「雨に唄えば」(ナシオ・ハーブ・ブラウン作曲)など


特集タイム「大正浪漫と蓄音器」
蓄音器で大正期ゆかりの楽曲を紹介します。

【開催期間】2022年5月9日(月)~7月15日(金)
【開始時間】11:35~/14:35~ 各回約10分間
【曲目例】浜辺の歌(成田為三作曲)/てるてる坊主(中山晋平作曲)など

入場料
大人(中学生以上)1,300円/小人(4歳~小学生)600円

営業時間
10:00~17:00(16:30 受付終了)

休業日
毎週木曜日・12月31日・1月1日
※7月21日~11月17日・2023年2月23日の木曜日は営業

これから暑くなるので、市街地より気温が低いところにお出かけしたくなりそうです。ちょっとした遠出にぜひ。

◆関連リンク
ROKKO森の音ミュージアム – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。