ハンドメイド作家たちが大集合!「湊川公園手しごと市」をレポート  Feel KOBE

ライター:ゲストオーサー

中心部の三宮から電車で約5分のところにある「湊川公園」。普段は、子どもたちの遊び場や大人たちがほっと一息つく休憩スポットとして利用されている公園が、毎月第4土曜日にはハンドメイド作家たちが集まる「湊川公園手しごと市」の会場になります。

今回は、そんな湊川公園手しごと市の様子をレポート。湊川公園手しごと市の楽しみ方を紹介します。

一期一会の出会いを求めて

地下鉄「湊川公園駅」の改札を抜けて、歩いて数分のところにある「湊川公園」は、地元住民の憩いの場としても利用されている公園です。そんな湊川公園で、毎月第4土曜日(春と秋は土日の2日間)に開催されている「湊川公園手しごと市」には、アクセサリーや雑貨、陶芸、ガラス、木工細工などのハンドメイド作品を販売している作家たちが集まります。

2012年から公園改修と地域活性化の一環として始まった、この湊川公園手しごと市は今年で10年目を迎えました。2020年、2021年はコロナ禍の影響で開催中止になった時期もありましたが、スタートから徐々にその規模も大きくなり、今では毎回100店舗以上のお店が集まるイベントに。

ハンドメイド作品を販売しているお店以外にも、手づくりのからだに優しいフードをテーマにした食べ物ブースや、音楽イベントが行われるミニステージ、ワークショップなどもあり、1日中楽しめるスポットです。

クッキーやスコーンなどの焼き菓子は持ち帰りができるのでお土産に人気

そんな「湊川公園手しごと市」の醍醐味は、作家さんたちと直接会話をしながら買い物ができるところ。「おすすめはありますか?」「素敵な作品ですね」など、とにかくどんどん作家さんたちに話しかけてみてください! 作品への思いや制作の裏話が聞けるなど、交流を深める中で意外な発見があるかもしれません。

会場内を歩いていると、お客さんを見送る作家さんの声も聞こえてきます。そんな人と人との交流はネット通販では味わえない、対面販売ならではの魅力。「これだ!」と思うお気に入りの1点を探しに、あちこち歩き回ってみましょう。

 

 

小腹が空いたらランチブース巡りへ

来場者が賑わうお昼どきは、ランチを楽しむ人たちの姿があちこちで見られます。出店している店舗は開催日によって異なりますが、カレーやサンドイッチ、焼き鳥、うどん、パンケーキ、クレープなど出店しているお店のジャンルも様々。

気になるお店の料理を少しずつ食べ歩くのも楽しそう

「こんな料理初めて!」という新たな出会いがあるかも

青空の下で食べる食事は、いつもよりもおいしく感じられるはず! 公園内にはベンチもあるので、ゆっくりランチタイムを満喫するのもよさそうです。

会場にはミニステージがあり、音楽にじっくり耳を傾け音楽を楽しむ人も。また湊川公園には複合型遊具やトランポリン型遊具もあるので、子連れ家族のおでかけ先にもぴったり。犬の散歩がてらに立ち寄る地元の方の姿も多く、老若男女誰でも楽しめるイベントです。

information

湊川公園手しごと市イベント情報
【開催日時】毎月第4土曜日(季節によって土日開催あり)
【住所】神戸市兵庫区荒田町1丁目20番1号(パークタウン内)
【アクセス】地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約2分、阪急・阪神「新開地駅」より徒歩約5分
【公式サイト】https://minatogawa-mart.net/

 
ゲストオーサー
ライター:ゲストオーサー
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。