ノスタルジックで不思議な世界観。神戸ファッション美術館で『こわくて、たのしいスイスの絵本展』1/30-3/28

六アイにある「神戸ファッション美術館」で、スイスの絵本作家の作品が並ぶ『特別展』が開かれます。

特別展『こわくて、たのしいスイスの絵本展~クライドルフ、フィッシャー、ホフマンの世界~』

2021年1月30日(土)~3月28日(日)10:00~18:00(最終入館 17:30)※新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更の場合あり
神戸ファッション美術館


神戸市東灘区向洋町中2-9-1

想像力をくすぐるような、どこか懐かしくて不思議な世界観を持つ、スイスの絵本。

『特別展』では、絵本作家の巨匠である、エルンスト・クライドルフ、ハンス・フィッシャー、フェリックス・ホフマン、3人の作品を楽しめます。

期間中は、長野県にある「小さな絵本美術館」の協力のもと、原画・リトグラフ、手描き絵本など、約150点が展示されるそうです。


エルンスト・クライドルフ 絵本『花のメルヘン』より 小さな絵本美術館蔵


ハンス・フィッシャー 絵本『こねこのぴっち』より 小さな絵本美術館蔵 ©ハンス・フィッシャー


フェリックス・ホフマン 絵本『おおかみと七ひきのこやぎ』より 小さな絵本美術館蔵 ©フェリックス・ホフマン

展示構成
【グリム童話】
・エルンスト・クライドルフ「ふゆのはなし」〈白雪姫との別れ〉
・ハンス・フィッシャー「ブレーメンのおんがくたい」
・フェリックス・ホフマン「グリムの昔話」
【スイスの世界】
・エルンスト・クライドルフ「花のメルヘン」
・ハンス・フィッシャー「こねこのぴっち」
・フェリックス・ホフマン「スイスの伝説」

期間
2021年1月30日(土)~3月28日(日)10:00~18:00(最終入館 17:30)※新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更の場合あり

会場
神戸ファッション美術館

観覧料
一般 : 1000円/65歳以上・大学生 : 500円/高校生以下 : 無料
※神戸市内在住の65歳以上の人は無料
※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要
※神戸ゆかりの美術館・小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引

ヨーロッパの絵本の中で、線や色彩の美しさによって人気を得たという、スイス作家の作品。

スイスの美しい風土や歴史から生まれた「どこか怖くて楽しい」世界を、味わってみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
神戸ファッション美術館 – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。