【最新版】2022年上半期!神戸にできたテイクアウトOKな『スイーツ店』をまとめてみた ~三宮・元町~

ライター:はるな

「昔懐かしのもの」から「目新しいもの」まで、2022年上半期も三宮・元町周辺ではぞくぞくとテイクアウトできるスイーツ店がオープンしています。

焼き菓子や洋菓子、アイス、ドリンクなど、幅広くスイーツを紹介するので、お出かけの参考にしてみてください。

・【三宮】甘味処鎌倉

・【三宮】レゾンデートル・セラヴィ

・【三宮】わらび餅専門店 門藤 三ノ宮店

・【元町】芋ぴっぴ。

・【元町】ファンキーバナナ!!

・【元町】KOBE BANANA SEVEN

・【元町】KOBE TIRAMISU

・【元町】おいもわかいも 神戸店

・【新開地】おやつガレージ ナンテコッタ 

【三宮】甘味処鎌倉

各線三宮駅から15分ほど、北野坂をあがったところに『甘味処鎌倉』という「わらびもち」スイーツの専門店があります。


画像:公式Instagramより

「鎌倉わらびもち」は、希少な国産本蕨子に鎌倉秘伝の配合を加え、わらび粉だけでは出せない、もっちりしとした食感&つるんとしたのど越しが特徴のようです。

「5個入り」or「10個入り」から選べて、手土産などにも世代を問わず喜ばれそう。


画像:公式Instagramより

「わらびもちドリンク」も販売されています。左から、珈琲/抹茶/苺ヨーグルトのほかに、季節に合わせた限定ドリンクも。

季節限定の「わらびもちドリンク」はどんな味が発売されるのか楽しみですね。

北野に、鎌倉わらび専門店『甘味処鎌倉』ができてる。オープンは5月14日

2022.05.11

【三宮】レゾンデートル・セラヴィ


画像:公式Instagramより

神戸北野ホテルの向かい側にあるショップ「ホテルブティック」内に、『Raison d’etre ensemble C’est la vie.(レゾンデートル セラヴィ)』という姫路発・レモンスイーツのお店があります。


画像:公式Instagramより

行列ができるほどの人気店で、こちらでは北野ホテルとコラボした「究極のレモンケーキ」が購入できます。

レモンケーキのほかにも、レモンバタークリームパイやレモンカヌレ、コンフィチュールなど、国産レモンをしっかり味わえるスイーツが並びます。

夏は冷やして食べるのもおいしそうなので、爽やかな手土産にいかがでしょうか。

神戸北野ホテルの向かい側に『レゾンデートル・セラヴィ』っていうレモンスイーツ専門店ができてる。姫路発「究極のレモンケーキ」など

2022.06.08

【三宮】わらび餅専門店 門藤 三ノ宮店


画像:Instagramより(@lui0401

三宮センター街の1本南側「三宮本通商店街」にある『門藤』は、国産のわらび粉を使用した「生わらび餅」の専門店です。


画像:公式Instagramより

3種類の本わらび餅のほか、いちごラテ/焙じ茶ラテ/珈琲ラテ/抹茶ラテなどの生わらび餅ドリンク「WARABI-TA」も楽しめます。

季節に合わせた期間限定ドリンクも販売されているとか。どんな時期に行っても、新しいわらび餅との出会いがありそうですね。

三宮本通商店街に、わらび餅専門店『門藤(かどふじ)』ができるみたい。本わらび餅や生わらび餅ドリンクなど

2022.04.02

【元町】芋ぴっぴ。


画像:公式Instagramより

南京町の西側「西安門」すぐのところに、『芋ぴっぴ。』っていう焼き芋スイーツのテイクアウト専門店があります。海側を向くと、すぐ隣に南京町「西安門」。

『芋ぴっぴ。』は、全国に17店舗展開する「焼き芋スイーツ」の専門店です。


画像:公式Instagramより

3ヵ月熟成させた「糖度50度以上」の強い甘みと、ねっとり食感・蜜が特徴の焼き芋が販売されています。

「焼き芋ブリュレ」や「焼き芋ハニーバター」など、色んなバリエーションの焼き芋が楽しめるみたいです。

他にも、極細の紫芋ペースト・ホイップクリーム・バニラアイス・薄切り焼き芋を重ねた「1mm絹糸の紫芋とアイス」など、食べ歩きにぴったりなスイーツも。

今流行りの「芋スイーツ」を片手に、南京町をブラブラしても良いかも。

南京町・西安門のすぐ近くに『芋ぴっぴ。』っていう「焼き芋スイーツ」のテイクアウト専門店ができるみたい

2022.05.24

【元町】ファンキーバナナ!!

南京町に、『ファンキーバナナ!!』っていうバナナジュース専門店があります。

山側・元町商店街の方を向くと、隣にはアジア料理店「神戸アジアン食堂バル SALA」があります。

『ファンキーバナナ!!』は、手でもみほぐしながら飲む「新感覚バナナジュース」の専門店。

1杯につきバナナ2本が使われていて、賞味期限は「30分」だけなんだとか。

プレーンな「ファンキーバナナ!(600円)」のほか、「チョコ×バナナ(750円)」「いちご練乳×バナナ(750円)」など全5種類のフレーバーが用意されています。

南京町観光のお供にも良いし、朝食代わりにも良さそうです。

南京町に『ファンキーバナナ!!』っていうバナナジュース専門店ができてる。賞味期限は30分

2022.05.08

【元町】KOBE BANANA SEVEN

「大丸神戸店」のすぐ山側に、バナナジュース専門店『KOBE BANANA SEVEN(コウベ・バナナセブン)』があります。黒い壁に黄色いバナナのマークが目印の、ほっそりとしたお店です。


画像:公式Instagramより

砂糖不使用で、完熟バナナ2本分を使った濃厚な味わいが特徴のようです。

フルーツ青汁/オレオ/黒ゴマ/ヨーグルト/豆乳を追加して、自分好みのバナナジュースも楽しめます。

ショッピングやお散歩の合間など、ちょっと一息つきたいときのヘルシーなお供によさそうです。

「大丸神戸店」のすぐ山側に、バナナジュース専門店『KOBE BANANA SEVEN(コウベ・バナナセブン)』ができてる

2022.01.31

【元町】KOBE TIRAMISU

「大丸神戸店」のすぐ山側にある『神戸ティラミス』は、神戸で29年イタリアンをしてきたシェフが作る「無添加」のティラミスを専門としたお店です。


画像:公式Instagramより

去年の秋ごろから、ヤマダストアなどのスーパーで販売されていて、即5000個完売したスイーツのようです。

瓶詰のティラミスは見た目もおしゃれで、箱もシックなデザインなので、大切な方や友人へのプレゼントとしても喜ばれそうですね。

「大丸神戸店」のすぐ山側に、ティラミス専門店『神戸ティラミス』ができるみたい。ガラス瓶入りの無添加スイーツ

2022.02.08

【元町】おいもわかいも 神戸店

鯉川筋を少し西に入ったところにある『おいもわかいも』は、神戸初出店となる「熟成焼き芋」の専門店です。

現在、奈良&大阪など関西を中心に展開しているお店で、神戸のお店で6店舗目になります。


画像:公式Instagramより

人気の「芋天塩ソフト」や、旬のお芋を使った「焼き芋」、お芋をベースにして焼きあげた「パウンドケーキ」など、さまざまな商品をテイクアウトできるようです。

季節に合わせて楽しめるお芋スイーツ、見逃せませんね。お芋好きさんは、チェックしてみてください。

「鯉川筋」を少し西に入ったところに「熟成焼き芋」の専門店『おいもわかいも』ができてる

2022.04.01

【新開地】おやつガレージ ナンテコッタ 

各線 新開地駅の海側にある『おやつガレージ ナンテコッタ』は、さまざまな焼菓子をテイクアウトで楽しめるお店です。

店内には、スコーン・マフィン・フィナンシェ・レモンケーキといったいろんな種類の焼き菓子が並びます。

  
画像:公式Instagramより

苺のティラミスマフィンなど、季節の食材を使った焼き菓子もあるようです。商品詳細は公式Instagramをチェックしてみてください。

早く完売することもあるようなので、気になる方は、早めの時間帯を狙ったほうがいいかもしれません。

新開地に焼菓子店『おやつガレージ ナンテコッタ』ができてる。スコーン・マフィンなどを販売

2022.03.04

いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「パン」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
はるな
ライター:はるな
暑さに弱い、九州産。六甲山から海の近くに毎日通っています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。