東遊園地に建設予定の「安藤忠雄」さん提案『こどものための図書館』の計画概要が発表されてる。鉄筋コンクリート3階建て

ライター:カズマ

現在調整が進んでいる、安藤忠雄さん寄贈予定の子ども向け図書館について概要が発表されました。

延床面積は約750 ㎡と実際にパースを見てみると、想像してたよりかなり大規模な図書館になりそうです。

建築家「安藤忠雄」さんが、東遊園地付近に『こども図書館神戸(仮称)』の建設・寄贈を計画してるみたい

2019.09.10


神戸市中央区加納町6-1

平面図はこちらです。現在、花時計がある場所にそれを囲むように建物ができるイメージです。

下側がフラワーロード沿いになりますので、だいたいイメージつきます?

大阪でも、同様の趣旨で、安藤忠雄さん寄贈の建物「こども本の森 中之島」が来年オープンしますし、それと同程度の規模になるとのこと。

安藤さんは、子どもの頃に本を読むことができず、大人になってから読書の楽しさに気付いたそうです。これからの社会を支えていく子どもたちに読書をたくさんしてほしいという思いから、今回の寄贈をするそう。

まだ、正式には決定していませんが、おおよそこの方向で進んでいくんでしょう。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。