神戸で登山を楽しむ 『須磨アルプス』~名勝「馬の背」をよじ登る絶景の初心者コース~

神戸のハイキングコースを紹介していきたいと思います。近くて色々なコースがありますので、ぜひ皆さん参考にしてください!


関西、神戸の山と言えば「六甲山」。そんな「六甲山」の最西端にあるのが今回紹介する『須磨アルプス』です。途中に「馬の背」という岩稜(がんりょう、岩の尾根)のエリアがあることから、アルプスと呼ばれています。

難易度
初級

ポイント
電車で行けるアクセスの良さと、市街地が近いにも関わらず、迫力満点の名勝「岩の背」を楽しむことができます。

所要時間
約3時間

ルート
山陽電車 須磨浦公園駅
→ 鉢伏山(はちぶせやま) 246m
→ 旗振山山頂(はたふりやま) 253m
→ 鉄枴山山頂(てっかいさん)
 234m
→ 高倉台
→ 栂尾山山頂(とがおやま) 274m
→ 横尾山山頂(よこおさん)

→ 馬の背
→ 東山山頂 253m
→ 
山陽電車/市営地下鉄 板宿駅(いたやどえき)


【出展】http://eonet.jp/travel/mountain/index_130423.html 

スタートは、山陽電車「須磨浦公園」駅です。登山のスタート地点が駅なので非常に便利です。ここから左のほうに行くと、歩いて登れますが、景色も良いのであっさり「ロープウェイ」に乗ることをオススメします。

ロープウェイ。大人(中学生以上)片道450円、往復900円/小人(小学生)片道230円、往復450円。ここには戻ってこないので登山をする人は片道で大丈夫です。営業時間が10:00からなので、朝早くにスタートする人は乗れません。

ロープウェイからの景色。須磨のビーチが見えています。逆を向くと明石海峡大橋も見えますよ!

ロープウェイが終わったらそこから歩き始めても良いですが、すぐに日本一乗り心地の悪い「カーレーター」の入口。一度も乗ったことがない人はぜひ乗ってください。日本でカーレーターが現存するのはここだけです。乗り心地の悪さは最高に良いです!?

このあたり一帯が「須磨浦山上遊園」になりますので、ロープウェイもカーレーターもその乗り物です。

展望台があります。まだ乗り物にしか乗っていないので、基本的には疲れていません。景色を楽しみたい人はどうぞ。

このあたりから歩き始めます。展望台から少し歩いて「鉢伏山」山頂に到着。まったく達成感はありませんが、登頂は良いものです。

「鉢伏山」から少し行くと、もう「旗振山」山頂です。ここで休憩ができます。ロープウェイやカーレーターに乗らずに来た人はこのあたりで小休憩。

明石海峡大橋。低い山ですが景色は最高です。上から見すぎない海と神戸と山って感じです。淡路島もキレイに見えていますね!

登山らしくなってきました。と言っても鉄枴山(てっかいさん)までは、なだらかな道です。マイナスイオンに集中してリフレッシュです。

鉄枴山(てっかいさん)山頂。景色は良くありませんが、木に囲まれている感じはします。

次の「高倉台」エリアは一帯が周辺より低くなっている住宅地エリアですので、ここからボチボチ下っていきます。

「おらが茶屋」。展望台もあります。ここまであまり休憩していない場合は、このあたりで休憩が良いと思います。トイレもありますし、食事もできます。次に待っているのは。。。。

階段地獄。「高倉台」まで一気に下る。普段運動をしていない人は、この下り階段で初めて自分の足がプルプルしていることに気付くでしょう。でも階段は終わらない。

「高倉台」到着。ここが今回のコースの中間地点になると思います。ここで山から現実に戻ります。お店がありますので、寄っても良いです。早く登山に戻る人は、さささっと通過しましょう。

「高倉台」を抜ければ、ここから魔の登り階段!途中で数えるのをやめましたが400段くらいあるそうです。40段ずつくらい休憩できるスペース(ベンチも)がありますので、焦らずゆっくり確実にってとこでしょうか。途中で休みすぎると逆にしんどくなるかも。

階段の登りきったあたりから振り返るとこんな感じ。正面に山がありますが、あそこの中央部分から下って、街を抜けて今ココです。

すぐに栂尾山(とがおやま)山頂です。丸太の展望台があります。ここは高倉台が一望できるような感じの場所です。

このあたりから「馬の背」を想像させる岩場の道がちょくちょくでてきます。登山用の靴を履いていれば問題ないですが、滑りやすい靴の人は注意です。

横尾山(よこおさん)山頂。いよいよ馬の背が近づいてきました。ここからの景色も良いですね。この登山コースを10:00くらから始めた人は、このあたりで食事の時間かもしれません。あまり広い場所ではありませんが、馬の背に備えましょう。

ついに「馬の背」に到着です。ここに辿り着くまでにも岩場っぽい感じのところがあるますので、注意です。

「どやこの迫力!」と聞こえなくもないです、「馬の背」。AKBが「会いに行けるアイドル」なら、須磨アルプスの馬の背は「神戸からすぐ行ける絶景」というところです。

中央から少し左上に人が小さく見えていますが、見えますか?人の大きさから岩の大きさが想像できると思います。しかもここがそんな山奥ではないということに驚きです。

目の前の岩を登ります。中央左に見えている人が、これから登る人たちです。見た目より登りやすいですが、油断は禁物ですね。

登り切ったところ。名勝ですが、近くてとっても来やすいです。中東の山岳地帯に来たような気持ちになります。ちょうど行った時、女性が多かったです。

東山山頂。馬の背が通過すれば、あとは山をどんどん下っていきます。山登りに慣れていない人は、下り坂で足がプルプルするかもしれません。マイナスイオンを感じながらゆっくり歩きましょう。

「板宿本通商店街」を通過して、山陽電車/市営地下鉄「板宿」駅に到着です。商店街で休憩して帰っても良いですね。朝早めの時間からスタートしてコース途中でご飯を食べなかった人は、ここでちょうどお昼の時間くらいですので、このあたりのどこかで食べましょう。

ということで、今回は『須磨アルプス』の紹介でした。初心者にはオススメのコースですが、滑りやすいところもありますので、装備はしっかりと!名勝「馬の背」を楽しんでください!