JR三ノ宮駅前「サンパル」などの跡地は、高さ163mの超高層ビルになるみたい。隣にもう1棟でツインタワーに?

ライター:カオル

JR三ノ宮駅前の「サンパル」などの跡地には超高層ビルが建つようです。


神戸市中央区雲井通5

JR三ノ宮駅の南東にある商業施設「サンパル」は、5月末で出入口が閉鎖され、取り壊し工事が始まります。

三宮の商業施設『サンパル』周辺で「再開発工事」が徐々にスタート。コンビニや喫茶店が閉店。出入口は5月末で閉鎖

2022.05.26

跡地に計画されているのは、地上32階、高さ約163メートルの超高層ビル。地下も3階あります。

地下と1~3階までは「バスターミナル」と「商業エリア」になり、お店が入ったり、道に面した「店舗」も作られたりするとのこと。

4~8階には、現在は大倉山にある「神戸文化ホール」の機能が移転。9~10階は、「三宮図書館」が戻ってきます。

10階には「屋上庭園」がつくられて、六甲山の眺望が楽しめるスペースに。ここに面したカフェなどもイメージされてます。

10階ってわざわざ行く感じになりそう?という気もしますが、2階くらいから自然と上がって行きやすいようなルートを作るみたい。

オフィスエリアをはさんで、高層部分(24~32階)には、最上階にプールなどがあるホテルが入る予定。詳しくは、以前の記事でも紹介してます。

サンパルの跡地に、ルーフトッププール&バーなどを備えた「ラグジュアリーブティックホテル」ができるみたい。三宮雲井通5丁目地区の再開発事業

2022.05.24

地上は「自然豊かな神戸」をイメージした木調のデザイン。

世界的建築家の坂茂(ばんしげる)さんなどがデザインを手掛けているそうで、北区有馬町の伝統工芸「有馬籠」の竹籠や格子がモチーフになってるみたい。

このビルが建つのは、で囲われた「中央区役所」や「勤労会館」などを含めた敷地で、「2027年度頃」に完成予定。

さらに、完成する頃に隣の「サンシティ」(ダイエーやOPA2が入るビル)が次なる開発エリアとなり、もう1棟建つ計画です。

具体的な高さなどは、まだ分かりませんが「ツインタワー」になると言われてます。

『JR三ノ宮 新駅ビル』開発が動き出すみたい。商業施設・ホテル・上空デッキを整備。23年度着工&29年度オープン予定

2022.04.01

JR三ノ宮駅前では、同じく「32階建て」の「新駅ビル」の工事が来年度から始まる予定です。

2棟目のビルも同じくらいの高さとなったら、駅前に「超高層ビル」が3つ?どんな感じになるんでしょうか。

◆関連リンク
都心・三宮再整備 KOBE VISION – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

4 件のコメントコメントを残す
  • 田舎のカメラマン

    ホテルの会員証を持っています
    飲み会で飲み過ぎた時に利用していました
    5年後に三ノ宮駅前が高層化するのですが阪神大震災の時に周辺建築物の被害が集中しています
    今回の計画では十分に耐震性を高めて安全な都市建設をしてほしい

    2022年6月26日1:11 PM 返信する
  • 匿名さん

    集客目的なのは分かるが、高層ビルをデザインするのは、震災体験者ではなさそうだ。
    最近は各地で地震も多い。低層ビルでも充分ではないか? 住む人訪れる人々の安心安全を優先してほしい。参考までに今後タイル貼りはタブーです。あれは、震災時の余震で落下してくるのです。まさに不意打ち。

    2022年6月15日8:27 PM 返信する
    • 神戸人

      とかいうコメントをしてる奴に限って阪神淡路大震災のことろくに知らんのよね
      イメージだけで物言ってるのがバレバレ
      あの時は低〜中層の雑居ビルがバタバタ倒壊した一方、地中深部まで杭を打ち込んでる高層ビルは一本も倒れてなかった

      2022年7月31日9:53 PM 返信する
  • H.S

    震災の影響もあり、大阪や福岡、広島などの周辺都市と比べて再開発が遅れた神戸ですが、後発の強みを生かし、「コロナ後」を見据えた先進的な街に生まれ変わると良いですね。

    2022年6月12日11:00 AM 返信する