三宮の葺合南54号線沿いにある「小野八幡公園」がリニューアルしてる。神社を眺めながら、ほっこりできそう

ライター:カオル

三宮の街中にある「小野八幡公園」がリニューアルされてます。


神戸市中央区八幡通4-1

「小野八幡公園」は、その名に入っている通り「小野八幡神社」のすぐ横にあります。

神戸市役所ちかくにある「小野八幡神社」の境内にマンション建設。取り壊し工事がはじまってる

2018.03.10

「小野八幡神社」は数年前から工事が行われ、敷地にマンションが建設されたり「本殿」が建て直されたり、白っぽかった石の鳥居が「朱色」になるなど大変化を遂げた神社。

場所は、フラワーロードの東にある「葺合南54号線」沿いで、山側すぐに家電量販店「ジョーシン」が見えてます。もう少し行くと「国際会館」や「ロフト」があるあたり。

海側を見るとこんな感じ。次の角を右へ曲がると「市役所」と「東遊園地」の間へ出ます。左へ曲がって少し行くと「磯上公園」があるところです。

磯上公園の「新しい体育館」の骨組みができ上がってきてる。来年夏に完成予定

2021.12.07

鳥居横の建物が、神社の敷地内に完成したマンションです。

 

 

公園は、以前あった建物などが撤去され、遊べる場所が広くなりました。

簡単な遊具もいくつか並んでいて、小さな子供たちが遊ぶのにちょうどいいサイズ感かと。

平日のお昼時なので、子どもの姿はありませんでしたが、親子連れでにぎわう時間もあるようです。

ベンチや椅子がいくつか置かれてまして、ランチタイムはサラリーマン風の人たちがお昼を食べる姿も見かけます。

公園内からは、神社の境内がばっちり見えます。

「小野八幡神社」は、平安時代(887年)にはじまったとされていて、江戸時代、参勤交代の「道中安全」を祈願するのに立ち寄る場所として有名だったようで、現在は自動車などの「交通安全厄除」で信仰を集めているそう。


※公式Facebookより

フラワーロードを練り歩く「秋季大祭」など年間行事もいろいろと執り行われてます。

公園がキレイになったことで、神社の存在をあらためて知る人もいるんじゃないでしょうか。

「神戸国際会館」横『葺合南54号線』の工事の様子を見てきた。車道をくねくね道にする歩道拡張工事

2018.03.06

「葺合南54号線」も改良され、歩きやすくなってますし、ホッと一息入れる場所にもなっていきそうです。

◆関連リンク
小野八幡神社 – Facebook
神戸がかわる都心再整備 – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。